Powered by Six Apart

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

2014映画ベスト3

今年は映画、そこそこ観たかな。
まぁ、タイトルを列挙してみます。

ハンナ・アーレント
永遠の0
劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
マイティ・ソー〜ダーク・ワールド
抱きしめたい -真実の物語-
銀の匙 Silver Spoon(実写)
魔女の宅急便(実写)
ホビット 竜に奪われた王国
ネイチャー
テルマエ・ロマエII
マダム・イン・ニューヨーク
乾き。
ママはレスリング・クイーン
マレフィセント
トランスフォーマー〜ロストエイジ
GODZILLA〜ゴジラ(2014年版)
ら/KEPT
ライブ
トラブル・トラベラ
悪童日記
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
ドラゴン・オブ・ナチス
フューリー
寄生獣(実写)
Oh! 透明人間 インビジブルガール登場
相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ
インターステラー
ホビット 決戦のゆくえ

28か…。
昨年の20よりは多いけど、まだまだ少ない。
来年は30が目標だな。
それはともかくとして…。
今年はベスト3を選ぶのに苦労しましたね。
少なくともわたしの観た中ではレベルの高い映画が多かった。
では、サクッと総評、行ってみますか。

3位:永遠の0
主人公の何としても生き残るという姿勢が必ずしも完全に正しいわけではなく、彼を敵視する側にも相応の理由があって、それ故に戦後に引き継がれた想いが胸を打つ。
特攻の卑劣さはそれを命じる側と命じられる側(遺族を含む)の関係性のみに限定され、実際に行わされたパイロットは家族や故郷を思う1個の人間である、という直球の人間ドラマ。
重力を感じる空中戦シーンも圧巻。

2位:ホビット 竜に奪われた王国
3部作の中でもこの2作目が白眉。
「ロード・オブ〜」における常人を凌駕する身体能力の持ち主たちによる頂上決戦ではなく、ドラゴンとまともに戦ったら勝てないドワーフたちの決死の頭脳プレイ。
ドラゴンにまともに戦わないように広大な迷宮の地形を利用しながら逃げて逃げて裏をかくなんてのはTRPGやったことのある人ならずっと観たかった映像で、こりゃあ手に汗を握るってもんです。
文句なし。

1位:悪童日記
完全一人称ゆえにそもそも映像化不可能である原作を、淡々とした描き方で映像化。
絶望と死の匂いが漂う生活感を剥奪された光景が残酷なまでに美しい。
解釈を敢えて読者に任せた包容力ある原作の雄弁さがここにもある。
観賞を終えた誰もが語りたくなることだろう。

いやー、激戦でした。1位をどれにするか本当に迷ったし、ハンナアーレント、レスリングクイーン、ゴジラあたりは同レベルだった。
来年もいい映画に出会えるといいな。
それではよいお年を。

2014年12月30日 (火) 今日の鯨の囀り

・姪っ子がシアトリズムファイナルファンタジーを気に入った模様。最初はDランクだったが、簡単な曲だったらSランクを取れるようになった。

・今年はブログでゲームと映画のベスト3のエントリーが書けたんで、来年は漫画や小説のベスト3ができるような方法を考えるかな。

・ヤマト、観に行く時間はなさそうだなぁ…。

・ファイファンのフィールド曲はしっとりしたのが多いけど、ドラクエのは勇壮なのも多いから、シアトリズムのフィールド曲システムに上手く乗っかれるかなぁ。

・シアトリズムファイナルファンタジーカーテンコールの「クロノトリガー」はファイファン曲とは明らかに間合いの取り方が違うから慣れるまで少々、てこずった。でも、もう大丈夫

2014年12月30日 (火)

バンブラPで「VAMOLA! キョウリュウジャー」を弾く〜合奏用メモその4

冒頭のトランペットが抜群に格好よく、どんなパートでも楽しく弾けそうな予感をビシビシさせてくれる恐竜戦隊キュウリュウジャーのOP。
ひととおり弾いてみるとバンブラとの相性がよくないベースや打楽器以外はどれも楽しく、まさに弾いて驚け!
「もよろん」Pさんの投稿曲です。

凡例:
YBあり:YBYBなど、YとBの連続した組み合わせ部分がある。
冒頭サビor前奏:冒頭に十分な長さのサビか前奏がある。
ソロあり:ソロ演奏の見せ場がある。
スローあり:但し速いパートの骨休めのみ。
回転あり:十字キーあるいはボタンを順に回転させるように押す箇所がある。

・スクエアリード①(主旋律) 評価A YBあり ソロあり 回転あり
全編ノリノリ。ガブリンチョメッチャムーチョの部分が簡単でありながら正確に弾くのは難しく、ここで気が引き締まる。そして一気にサビに!構成も最高ですね。

・スクエアリード② 評価B YBあり ソロあり 回転あり
主旋律のリフレインやサポートなど、スクエアリード①のアナザー。それでも評価がBなのは弾かない部分がやや長めだから。

・ストリングス 評価A 前奏あり ソロあり 回転あり
前奏が目玉だけど、完璧に弾く自信がなかったら思い切ってノータッチとしましょう。
そこを無視しても1番と2番の間のソロは楽しいので十分に堪能できます。
難しいんだけど、食い下がれる箇所が多い。挑戦しがいのあるパートです。

・シンセリード 評価B 前奏あり ソロあり 回転あり
ストリングス同様に自信のない箇所のスルーをオススメ。
ちきゅうぎをまわすよりも、の前に小さな「回転」があるのって偶然?

・ホルン 評価B 前奏あり ソロあり
これは簡単。上手い人なら初見で100点もありかも。

・トランペット 評価A 前奏あり ソロあり
前奏の主役。出突っ張り。もう1つの主旋律と言ってもいい。難しい連弾も1箇所しかないし入門者にバンブラの世界に引き込むのにいいかも。

・スラップベース 評価C 前奏あり 回転あり
ベースがあまり楽しいとは言えないバンブラのシステムだけに低い評価は仕方ないが、それでも他の曲のベースに比べれば自己主張できる部分はある。

・ティンパニー 評価C 前奏あり ソロあり
連打があまり楽しくないので評価も低く。

6人分も楽しいパートがあるんだからたいしたものです。
ちなみに「ファイヤー!」「ヤッチャオーゼー!」に当たる楽器はないんで、各自、心の赴くままにw

2014年12月29日 (月) 今日の鯨の囀り

・かつて巨人阪神戦で飛び交った野次に「桑田の顔はホームベース!」があったが、まどかマギ(ry

・マッサンに限らず、道民からするとこの広い北海道を一緒くたにして「北海道編」と呼ばれるのには違和感がある。

・旦那のガンプラの写真をtwitterに上げるいい奥さんもいれば、旦那の鉄道模型(ry

・ワンセブンの「ワンエイト、お前のような弟は要らない」「僕だって兄さんなんか要らないや!」というやりとりがなんか好き。ブレインという「他人」の都合で勝手に作られた兄弟関係のバカバカしさ、茶番にウンザリしている様子がありありと伝わってくる。

・冬の布団は幽波紋なんだよ。無防備な精神を包み込み脱出を困難にする能力なんだ。スピードも射程距離も精密動作性も破壊力もEだけど、持続力は確実にAだ。

・詐欺師が主人公の漫画が警鐘の役目を果たして詐欺の被害を軽減するのに役立っているかは分からんが、宗教の勧誘員を主人公にした漫画も必要なのではないか。

・ふうむ、人間は1分間に23回の瞬き、か。ファンタシースターIIIの「瞬きをしない女なんてライアの民に違いない」を思い出す。味わいのある台詞だった。

・ナウなヤングにお茶請け

・1年ぶりくらいにゲームショップ1983に行ったけど、大量の中古ゲームの棚を目を皿のようにして左右に走らせ気になるタイトルがあったらすかさずチェックしても疲れることのないだけのゲーム脳を俺はまだ維持しているようだ

2014年12月29日 (月)

ホビット 決戦のゆくえ

書いてみたらネタバレだらけになった。
ついに完結!
見どころ満載!
見どころとして用意された部分は隈なくまさに見どころ。
怪獣映画のようなスマウグの暴虐、対物攻撃手段として脅威すぎるドラゴンブレス。
燃え盛り崩れ落ちるエスガロス。
まだいい人だった頃のサルマン無双。
幽霊のCGなんか見飽きてる筈なのにそれでも恐ろしげなナズグル。
お馬鹿でかわいいトロルたち。
ひたすら格好いい完璧な指導者にしてヒーローのバルド…etcetc。
しかし、話の繋がりには首を傾げる部分が少なくないという、とても評価に困る映画だ。
まぁ、もともと「指輪物語」はハイファンタジーだが「ホビット」は御伽噺だ。
だから、「ロード・オブ・ザ・リング」のような作風で映像化する際には、創作部分が多くなる。
ちょうどいいことに「指輪物語」には前日譚が巻末設定資料集「追補篇」としてたんまりある。
結果として、過去噺の羅列のようにとっ散らかって、話の軸がブレているのだ。
ビルボは大活躍するのだが、それでも彼が主人公には見えないほどに。
この映画には3人の「王」が登場する。
最も王に相応しいのがエスガロスの船頭頭にしてスマウグを仕留めたバルドだ。
アルフリドのような卑劣漢をすらゆるせるバルドの器の大きさは、ドワーフやエルフの王であるトーリンやスランドゥイルを凌駕している。
バルドと対比することで2人の、特にトーリンの弱さと強さを描くのが、まぁこの映画の軸とは言える。
だが、荒い。
スマウグの黄金はちょうど「1つの指輪」同様の怪しい魔力を持ち、手にした者を狂わせる、という「設定」は分かる。
しかしそういう設定なのだからトーリンが黄金に目が眩んで約束を破り仲間を見殺しにする様子を仕方がないと思えというのは無茶な要求だ。
設定による理由と本人の心の問題を両輪として描くべきところなのに後者が弱いのだ。
だから改心がとても唐突に映る。
終わりが決まっているから改心したかのようだ。
そこから大合戦が始まりついにはビルボに看取られて最期を遂げるのは、ボロミアの最期を彷彿とさせる。
だが、ボロミアの誘惑と葛藤には遠く及ばない、設定ありきの劣化コピーに過ぎないのだ。
大合戦もシーン自体はとても楽しいし迫力があるのはいい。
しかし、必要だったのか?
「ファンタジーのオチは善と悪との大戦争でなければならない」という縛りは、ジブリ版ゲド戦記の内容を原作とは似ても似つかぬものに改悪させるなど悪弊も大きいのだが、未だ囚われている映画が多い。
逆転劇が援軍が来たばかりなのは分かりやすさを重視してのことだろうからまだ我慢できるが、直前まで一触即発だったのにオークが攻めて来るや何の混乱もなく示し合わせていたかのように共同戦線を張るエルフとドワーフとか、「ロード・オブ〜」の黒門でも頭を抱えた敵味方ともに全員整列してから始まる合戦とか、隊列の動きの美しさを重視したであろう演劇のような演出には嘘くささを感じる。
まぁ、あれがピーター・ジャクソン流の演出なんだろうなぁ…。

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies/

2014年12月28日 (日) 今日の鯨の囀り

・店頭でサバイバルキッズやぼくのなつやすみを見ながら、昔はほしかったけど、今はこの手の需要は妖怪ウォッチが満たしちゃってるもんなーと思ってしまう

・不寛容な社会がどうとか言ってる人に限って、不寛容な隣国に対しては(ry

・不寛容って英語だとイントレランスか。イントレランスって映画、いつか観ようと思ってまだ観てないや

・頬に何か文字を書いた女の子をあちこちで見かけるがコンサートか試合でもあったんか?

・某所でファイナルファンタジーVIIインターナショナルの新品が23000円でショーウインドウの中にあってビックリ。中古で300円で買ったばかりなのに。どういう基準で値段をつけてんだ?→「売れたゲームの」「未開封」には時として高い値段がつくこともある、というメンションを頂きました。

・ゲームギアの最大の魅力はセガの8bitゲーム機がサターン初期まで生き残っていたら、というifを楽しめること。特にRPG群が興味深い。だから携帯ゲーム機としての楽しみは少ないんだよね

・劇団四季のCATSがレメイクされるのか。演劇でもリメイクっていうのか知らんけど。でも、CATSは娼婦の猫が最も心の綺麗な猫でしたって、その猫の生き様が殆ど描かれていないのにいきなりそんなこと言われてもポカーンだったな。罪と罰のイメージだったんだろうけどさ

・ミニヨンズ、か。ミニオンという言葉はウィザードリーのデルフズミニオンで覚えたから、印象があまりよくないな

・映画を見るまでは我慢と言うことで仮面ライダーマッハはどんな姿かも知らないんですが、クーフーリンの愛馬マッハのような馬のライダーなんでしょうか(800)。車の横を馬が走っていたら格好いいかも知れない。

・小保方晴子のヌケヌケっぷりを罪を認めたんだからと評価するのって、
某格闘家のヌルヌルっぷりを罪を認めたんだからと評価するのと同じだよね。

・昔からあった駅が改築されると小さくなるのが常だけど、苗穂駅に限っては大きくなりそうだ

・コミケに一度くらいは行ってみたいけど、めちゃくちゃトイレが近いんでたぶん無理

・小保方晴子が冴えないアラサー男だったら…という仮定は面白いが、日頃、女の子だらけのアニメを見ながら、内容が全く同じでキャラが全員、冴えない男子高校生だったら、全員クソミソに叩かれてるんだろうな、と思ってるから、さして目新しい視点でもないなw

・今週の「ガンダムサンダーボルト」。アトラスガンダム。アトラスってティターンだよね。ギガントガンダムシリーズ来るかな?それにしても刃渡り40mはありそうなあのビームサーベルはw

・美樹さやかのような事例は男女逆だと重いとか自意識過剰だとか勝手な理想像を相手に押し付けてキモいとかさんざん叩かれると思うのです。

2014年12月28日 (日)

効率よい戦闘と経験値のトレードオフ

流石に年末でやる時間もあまりないファイファンVII(PS)。
で、コンドルフォート防衛戦は知らないうちに第1面をクリアしていたようだ。
前回、ルールを一気に大量に提示されて軽く嫌気がさしてリセットしてしまったミニゲームではあるが、何とかやる気を振り絞って開始、最初は全滅してもいいやくらいに勘でユニットを配置して行動を指示したところ、タイミングの悪いことに宅急便が来たり電話がかかってきたりで数十分ほど放置していたら、何時の間にか戦闘が終了していた。
ファイアーエムブレムみたいに自分のターンでは時間が停止してくれてる一般的なウォーゲームだろうと思ったら、リアルタイムストラテジーだったようで、勝手に動いて勝手に戦ってくれていたようだ。
で、ボスだけ通常戦闘で倒してくれと言われたんでサクッと倒して、平常運転に復帰。
いったい、気合いを入れてルールを覚えるぞと意気込んだのは何だったのか。
まぁ、思い切り低い難易度だろうとは思ってはいたんだが、こうも甘やかされると萎える…。
気を取り直してメインシナリオに復帰し、ひたすらセフィロスを追う。
年末年始を挟むので、中途半端なところでセーブすると、帰省から戻った時にどこまでやったか憶えていられなくなるので、なんとか少しずつ時間を作って新大陸まで渡り、最初の街コスタ・デル・ソルの外でセーブして一息ついた。
ストーリーを覚えている必要はあまりない。
身も蓋もない言い方だが、CRPGにおいてストーリーがどうあろうと結局はマップが誘導する方向にしか進まないわけで、どちらに進んでいいか分からない状態でセーブしたのでなければ再開した時にどうとでもなるからだ。
それにしても、ずっと戦闘では魔法しか使っていない。
最も物理攻撃向きであろうバレットでさえ魔法ばかり使っている。
武器で殴るのは怒りゲージが溜まった時だけだ(勿体無いからね)。
魔法を使うと魔法の経験値が入ってマテリアが育つが、武器には経験値がないからだ。
こうまで魔法ばかり使ってると、武器は威力ではなくマテリアをはめる穴の数だけ気にしていればいいのではないかと思い始めている。
どうせカネも余っているし取り敢えず特殊なボス戦闘なんかがあると困るから買い換えてはいるが、そのうち威力と穴の数がトレードオフになるような選択を迫られたら穴の数を優先しそうな気がする。
というわけで、魔法使いを育てるゲームとして楽しくなってきたところであるが、リアリティを考えた時、これでいいのだろうかという疑問が頭を過る。
まぁ、昔からある問題ではある。
ルーンクエストを以って嚆矢としファイファンIIに受け継がれた個別経験値及びスキルのRPGシシテムは、無駄な行動をすればするほど能力がよくなるという欠点とトレードオフだ。
そもそも、我々の住む現実世界で訓練より実戦の方が学習効果が高いのは死ぬかも知れないという緊張感あってのものであり、ゲームバランスで守られ色々と試せるほどに緊張感を欠いた「実戦」で高い学習効果など望める筈もないのだが、そういうことを言うとゲームとしてはつまらないものになってしまうし、仕方のないところではある。
でも、ゲームバランスで守られることなら(それを否定したらゲームじゃなくなっちゃうし)許容できても、色々と試せることには違和感を感じるってのは、割り切りのラインが前者と後者の間にあるってことなんだろう。
ルーンクエストが生まれて30年以上が経つし、このファイファンVII自体も20年前のゲームだが、スキルシステムは未だこの問題を解決できていない。

2014年12月27日 (土) 今日の鯨の囀り

・某政党の名前を擁護したテレビ局は「テレビ◯◯(その局)と何野誰兵衛(その局とズブズブの芸能人)となかまたち」と言われ続けるんだろうなぁ…。

・ホテルのテレビを持ち帰る外国人旅行者がいると聞いて「え?」と思ったが、今のテレビは薄型だから十分に可能なんだな

・「巫山戯る(ふざける)」なんて「夜露死苦(よろしく)」と同レベルの当て字なのに、なんだか優雅で、使うと意識が一段階、高くなるみたいなオサレワードになっちゃってるよね

・シアトリズムファイファンカーテンコールのファイファンIの「ラストバトル」だけはピンと来ないなあ。最初のファミコン版にない曲だから。何度も何度もリメイクされてるから既に当たり前の曲になっているということか

・顔で善人か悪人か判断できるってんなら、オレンジ共済のあの元参議院議員なんて、外見だけなら善人オーラをプンプン漂わせた好々爺だったろうがw

・漫画なら「きみが嘘をついていないことは、その目を見れば分かる(キリッ!)」でいいけどさ。小保方晴子を擁護するのにそれが理由?ナメとんのか。…っつったら、擁護者はますます依怙地になるんだろうなぁ

・今になって気づいたんだが、もしかしてパンティーがパンツになったのも、看護婦→看護師、スッチー→CA同様の、男女で呼称を分けるなんて差別ザマス運動の一環だったのでは?

・ポケモンの進化は中間形態があるからいいんだよな。シャイニングフォースIIでピーターがフェニックスに、キウイがかいじゅうになるのはいきなりすぎた。中間形態があれば素直に受け入れられたのではないか。

・いや、やはり無理があるな。主婦の重箱読みは「しゅおんな」が主夫(しゅおっと)との対比でもっとも素直だろうな。あるいは「しゅつま」。

・「いちりつ」「わたくしりつ」のような音で区別するための便宜的な湯桶読みを導入し、主夫は「しゅおっと」と重箱読みにすることを提唱する。だが、その場合主婦はどう読むべきか。しゅおんなもしゅつまもしゅよめもなんかイマイチだ。旁が箒の簡易文字であることから「しゅほうき」もいいかも

2014年12月27日 (土)

寒冷地対応ナビがほしい

さて、昨日で仕事納めで、今日から年末年始なのですが。
昨日は仕事納めの日なのに出張があってちょっと疲れ気味。
こんなに疲れる予定はなかったんですが、ギリギリまでタイトなスケジュールでした。
それにしても冬はナビが必ずしも当てになりませんね。
除雪が行き届いている道とそうでない道の違いなんて情報は載っていませんから、目的地を探す時はともかく、近道で行きたい時なんかは信用してるとソロバン道路に捕まって却って時間がかかってしまいます。
まぁ、夏でも距離はやや長いけど信号がほとんどないから急ぐ時はこっち、なんて地元民御用達のルートがあっても、ナビはそのことを知らないから勧めてくれないわけですが、冬はその度合いが飛躍的に高まるわけです。
昨日も、ナビの勧めるまま近道に行ったら、急カーブ連続な上にろくなガードレールもない未舗装の下り山道に導かれて時速10kmくらいでヒヤヒヤしながらたっぷり時間をかけて下りるはめに。
そこでわたしは思ったのです。
寒冷地の冬対応情報を「できる範囲で」ナビに載せるとしたら何が可能であろうか、と。
除雪の有無のリアルタイム情報なんて無理なことは言いません。
道路管理者には他にやるべきもっと大切なことがたくさんありますからね
リアルタイムで刻々と変わるものまで求めないから固定的なものはなるべくほしい。
高低差や舗装、ロードヒーティングの有無なんかは冬に大変かどうかの判断材料になりますから表示してくれると助かる。
それでそこを通るかはドライバーの判断ということにするしかないでしょうけど、それで十分。
まぁ、それでも、フィックスなデータであっても、客観的なものしか載せられない。吹き溜まりやすいとか磨かれやすいとかは指標もないし無理なんでしょうけどね。
結局、最後は人間の目で見て判断するしかないにせよ、できる範囲の情報はほしいと思うのです。

2014年12月26日 (金) 今日の鯨の囀り

・来年は未年だし、ジンギスカンの煙で全国の繁華街を覆い尽くしてやるくらいの大攻勢を期待したいところだ。なに?においがきつい?バカめ、ジンギスカンににおいなどない!多くの日本人が醤油や味噌のにおいを全く感じないようにな!

・シルバニアファミリーはまだ残ってるが、そのパクリの3年2組のなかまたちは影も形もない。

・なかまたちなんつったら絶対に「ゆかいな」を入れられるの分かってるのになんでわざわざ。わざわざ馬鹿にされる隙を作ってレベルの低い敵対者が自分達をバッシングしているという構図を作りたいのかな。こういう心理ってありそうだ

・時雨っていうと思い出すキャラは忍空の紫雨だな。藍兆との正義の考え方の違いで面白いキャラになりそうだったのに登場だけして消えたw

・雪庇ってずっと雪の屁だと思ってて「屁に潰されて死んだら馬鹿馬鹿しいだろ?危ないから雪庇には近づかねぇこった」って言い方してたんだけど、よくよく漢字を見たら雪の庇なのね…w

・サチコさんという女性が「おサチ」と呼ばれるのなら、セチコさんという女性がいれば(ry

・アレックスキッドは「マリオが上下に攻撃だから左右にしよう」という安易さが嫌。