Powered by Six Apart

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

移動式オービスはカーナビ普及によるものか

移動式オービスの試験運用というニュースが流れている。
そう聞くと、これまではそのようなものはなかったが新たに採り入れることになったようであるが、調べてみるとどうやら前からあったらしい。
今回の試験運用はより小型化された新型とのこと。
新規導入ならまだしも新型くらいでわざわざ報道するというのは、そのことで、ドライバーへの心理的な効果を期待しているのだろう。
ただ…少なくともこれまで北海道内では聞いたことがないが、北海道のスピード違反と言えば何と言っても都市間移動だから、これまでもこれからもあまり関係ないような気がする。
気がするだけかも知れないが。
で、ショートカットでの取り締まりには便利そうだ。
思うに、カーナビの普及で本来は地元民しか知らなかった市町村道や生活道路などを使った国道都道府県道のショートカットを、他所者も使うようになって、その対策なのではあるまいか。
だとしたら、利便性もいいことばかりではないということなのだろう。

2014年10月30日 (木) 今日の鯨の囀り

「凍らせた豆腐の角になら頭をぶつけて死ねるかもな…」そう、そんな長く厳しい冬の足音が聞こえようとしているのだった。
凛子が「リンタロウ」と呼ばれてもいいとか!
多少、値が張ってもいいから、受注生産でPCエンジンduo再販してよ。うちにあるCDロムロムのソフト、全部、動く機械がないんだよ。
自分の嫌いな相手が性的マイノリティだった時、世間のその性癖に対するマイナスイメージを使って扇動しようダメージを与えようという下衆な欲求に耐えられるか否か。耐えられないなら二度と反差別などと言うな。

2014年10月30日 (木)

ガンダムビルドファイターズトライ第4話「Gミューズ」

西関東ベスト4というのはそこまで凄い成績なのか…。
だとしたら凄く層が厚いジャンルということになります。
ガンプラバトルは青少年向けの競技として高校野球なみの位置を占めているということなのでしょうか。
これまで描かれてきた聖鳳学園でのガンプラバトルの現状から、ガンプラバトルは7年前より下火になっていると思っていたのですが、どちらかというとあって当たり前のものになって、強豪校もあれば弱小校もあるというただそれだけのことだったようです。
ガンダムビルドファイターズトライ第4話「Gミューズ」。
そんなガンプラバトル界の姿とまだ相まみえぬライバル達が描かれた幕間劇でした。
セカイの伸び代。
今のセカイの強さはナチュラルボーン。
格闘技が強いからガンプラバトルも強いというのは、
空条承太郎が野球の「ルールは知っている」から野球ゲームもなんとかなるのと大差ありません。
で、承太郎は別にゲーマーを目指すわけじゃないからあのままでもいいが、セカイには「その先」が求められる。
セカイに足りないところは何なのか。
大阪からやってきたサカイ・ミナトが拳で教えてくれます。
罵倒するふりをしながら、わざわざ欠点を教えてくれるライバルというのは、如何にも関西人キャラという感じで、嫌味を感じさせません。
…ん?
根っから悪い人はいないというのを対戦前からやってしまっていた前作の欠点はそのままなのかな?
いい人だと敵として強く見えないものですが、これは次に出会う時にはそれほどの強敵ではなくなっているパターンかな?
ガンプラバトルはイマジネーションと説き、実際にイマジネーションの発露たる変形機能でセカイを圧倒したミナト。
セカイが何とか食い下がった後での格の差を見せつける変形でしたから実に鮮やかでした。
セカイも呆気にとられてミナトの暴言に言い返すこともなかった。
お前なんか本物の格闘技だったらボコボコのくせに!的な陰が微塵もない素直さが現れていました。
セカイのバトルスタイルがどう変わっていくのか。
前作の後半が殴り合い一辺倒だった欠点を意識して殴り合いだけでは駄目だとばかりにこの展開を持ってきたのだとしたら、これは制作側が分かっていることの証明。
今後が楽しみになってきたエピソードでした。

2014年10月29日 (水) 今日の鯨の囀り

キングコロッサス、ぷよぷよ、アドバンスド大戦略、大魔界村、ソニック2 #メガドライブで印象に残ってる作品5つ挙げろ キンコロだけ浮いてるけど、俺はあれが大好きなんだよ!
北海道新幹線は内地と言えば東京にしか目が向いていない道民の狭い視野をこじ開ける可能性を秘めている。
Newton12月号、遅いなぁ。もう29日だってのに。
急速に利用が進む電子黒板?俄かには信じがたいな。
打ち上げに失敗すると被害が自分達だけでは済まないロケットを民間企業が打ち上げることの是非について考えてしまうが…でもこれは止められない流れだしな。
Amazonで2015 カレンダー アイドルで検索したら、ラブライブやアイマスもヒットしちゃうのな。
同性愛者の方々が大切に育んできた虹のアイコンを情け容赦なく強奪したのみならず自分たちの支持政党の議員がした性的マイノリティへの薄汚い差別発言を批判すらしないってのはなんなのか
サウンドショック、ビジュアルショックはともかく、スピードショックは最後まで一線級だった
50年前の18歳の時にミスユニバースだったアプサラサーさんだけど、やっぱりジョセフのような気持ちになっちゃうよね。「ちょっと待て。50年前に18歳だったって…あんた今、トシいくつなんだぁ!?」みたいな。
しかし、SMバー汚らわしい発言は「やっぱり民主党の支持者はPTAのザマスババアみたいなのばかりなのかw」と笑われるキッカケになりかねないのではないか
手を見れば年齢が分かる。どんなに若く見える男女でも手の皺だけは誤魔化せない、と聞くが…。アプサラサーさん67歳の手も30代くらいには見えるな。
アビテートF44Dデザートガンナーの六本脚は接地したままでの奇妙な動きを可能にしている。特に複数の同機が一直線に並びグルグルと正面から見て円を描くように動けば、十分に敵を眩惑させることが可能だろう。そうEXILEのような攻撃が可能なのだ!敵さんイライラすること間違いなしだ!
「10%になるかと思ってヒヤヒヤしてたけど、8%で済んでよかった。安心してほしいものを買おう」となるかもしれないので増税はやめようね。

2014年10月29日 (水)

バーとクラブ

国会議員がSMバーに行ったとか行かないとかの報道にはウンザリだ。
それに対する擁護も批判もさらにウンザリだ。
特定の性癖や職業へのヘイトスピーチだとの声は一見、もっともな擁護に聞こえる。
しかし、そんな擁護はまるで渦中の議員がSM行為自体に勤しんでいたかのように誤解されかねずトンチンカンだ。
そもそものSMバーなど汚らわしいという批判もおかしい。
SMクラブとSMバーを意図的か無知故か何れにせよ混同している。
どちらもSMバー程度のものをSMクラブでもあるかのように、その誤解を温存した上で成り立っているのである。
俺はSMバーに行ったことはないし、そんな業態があることすら知らなかった。
だが、SMバーという言葉を聞いた途端に、何の説明も受けずにどのような店なのか想像がついたし、SMクラブとは別の存在であることも自明の理となった。
別に俺に限らず、大抵の人はそうなのではないか。
何故なら◯◯バーという店はほとんど全て何かを肴に酒を飲む店であって、肴になっている行為は店員が行うものだからだ。
オカマバーは訪れた客がオカマになるのではない、オカマのママや店員がそのキャラクターを生かした話術で酒の席を盛り上げてくれるのだ。
特撮バーは客が特撮ヒーローの格好をしてアクションをするのではない、特撮の話題で盛り上がれるような環境が用意されているのだ。
テニスクラブはテニスの愛好者がテニスを楽しむ場所だが、もしテニスバーという店があったら、大型モニターでテニスの試合を見ながら酒を嗜む店に違いない。
ホストクラブはホストが女を騙す店だが、もしホストバーという店があったら、ホスト役とカモ役の繰り広げる寸劇を見ながら「プ、このバカ女がw」と笑いながら酒を飲む店であることだろう。
以上の点から、SMバーとはあくまで酒を飲む店であって、実際に性的な行為に勤しむ風俗店とは全く異なることなど分かって当然、分からないということが全く信じられないのである。
何かを擁護するにせよ批判するにせよ、曲解を根拠にすることはあってはならない。
目的は断じて手段を正当化しないのである。

2014年10月28日 (火) 今日の鯨の囀り

今週の「K2」。医学生症候群ってあるのか。医学生はなまじ知識が一気に増えたがゆえに何でも病気に見えてしまうのだとか。放射脳も医学生症候群の一種かも知れないな。
今週の「軍鶏」。おにぎりに蟻がついていたらそのまま食べる地方があると読んだことがある。蟻の生命力を取り入れるためとか。そこからの発想かな?
ウゲッ、北見の天気予報、午後からところにより雪だって? 俺、その「ところにより」の場所に向かうんだけど。冬タイヤにしておいてよかった。
屈折してると逆にいいように利用されるんだけどな。自分を嫌ってる相手にさせたくない行動がある場合に、敢えてそれをしろと勧める、って誰でもやったことあるでしょ。それのマクロ版をやられたらどうする?ってハ.. http://t.co/zs2UkzJFIf
某「レイシストとデビルマンの話」は読んでて失笑ものだった。かつて北斗の拳ブームの頃、自分達の嫌いな不良をモヒカンに擬え、なんで不良達は自分そっくりなモヒカンがケンシロウに殺される北斗の拳を楽しそうに読めるんだろうと言ってる馬鹿な連中がいて、そいつらと重なったからだ。
正義という麻薬を摂取し過ぎて中毒になってしまった哀れなジャスティスジャンキーの典型的な症例だよなあ。想像するに、学生時代にマジメくんとして笑われてきたんだろう、そしてそのルサンチマンに死ぬまでずっと.. http://t.co/DxkDs3DO2K
「そんなこと言ってないだろう」とたしなめても「言ったぁ!」とヒステリックに喚く若年性老害の腐れジジババくらい現実にもたくさんいるんだから、ネットならもっとたくさんいるだろう。こちらが言ってもいないことを言ったことにしたがる奴なんて。いまさら驚くまでもない。
マツコデラックスの女が無理をして男に合わせる云々の話は一理あるけど一理しかない。男も女に合わせてるんだぜ?だって男は目の前の女が言うことがどんなに納得がいかなくても「うん、そうだね」って言わされるじゃん。こんなのお互い様なんだよ。
大好きな漫画や映画やドラマの自分の人生観に多大な影響を与えたシーンから、自分とは正反対の教訓を得ている人を見たらそりゃあ最初はショックだろうけどさ。そんなショックは若造の頃に卒業してくんないかな。ある創作物から自分と同じ結論に導かれない相手を蔑むような奴は最低のクソだぜ?
レッキングクルーはドットイート型にすればもっとスピーディーなゲームになったろうに。

2014年10月28日 (火)

とめはねっ!の作者表記にシラケる

「とめはねっ!」が盛り上がるべきところだ。
と、歯茎に何かが挟まったような言い方なのは、盛り上がる筈のシーンで冷水を浴びたからだ。
ビッグコミックスピリッツ連載の漫画「とめはねっ!鈴里高校書道部」。
おとなしい書道部員・大江縁は想いを寄せる望月結希が「書の甲子園」出品を最後に書道部をやめて柔道部に専念するにあたって、自らの作品に望月への想いを込めるべく悩みに悩んでついには力作を書き上げる。
そして、それを見た望月は…。
書道の決着と恋愛の決着が一気につくということで、最も盛り上がるべきシーンの筈なのだが、余計な注釈にどうにもシラケてしまったのだ。
と言うのは、この漫画に出てくる書は当然、誰か書道の上手い人に書いてもらっているのだろうが、誰が書いたかいちいち横に名前が載る。
そのことを今まで気にしたことはなかったし、むしろ権利関係がはっきりしているのはいいくらいの気持ちだったのだが、今回に限りそうではなかった。
締切日の朝になり眠りこける大江。
彼が徹夜して書き上げた書はいったい?
期待とともにページをめくると見事なそれが現れたのだが、その横には「いつもどおり」作者の名前が書かれていたのである。
で、これは大江縁の書いたものではない、という認識が叩きつけられ、シラケてしまったというわけなのだ。
こんなことなら、作者名は最終頁にまとめて書いてくれればよかったのに…。
歌詞のあるシーンのJASRACの表記みたいに慣れれば気にならなくなるのだろうか?

2014年10月27日 (月) 今日の鯨の囀り

今週の「砂の栄冠」。先週の嫌な予感プンプン漂わせたピンチ描写は、もはや多少のピンチや不協和音は淡淡と何とかしてしまうところまで樫野高校野球部は行き着いてしまっていることを示すための前降りだったのかw堂々たるもんだ。
今週の「高嶺の花」。最終回か…。ここで最終回だとしたら、ここ数回の展開は急ぎすぎだったな。

2014年10月27日 (月)

太陽の牙ダグラムの思い出その9〜異形だけど強いデザートガンナー

大好きなアニメ・太陽の牙ダグラムの登場ロボット兵器、CBアーマーについて語るエントリーの第9回目。
今日のお題はアビテートF44Dデザートガンナー。
ダグラムの中でも一、二を争うほどのお気に入りメカだ。
まず強い。
ダグラムを窮地に追い込んだCBアーマーはデザートガンナー、T10Cブロックヘッド、コーチマsplの3機種だが、その先陣を切ったのがこいつだ。
蝶のように舞い蜂のように刺す軽快なファイトスタイルで、ダグラムを翻弄した。
デザインもいい。
ターレットから上は他のF44系列と同じ、車体と脚部のみが大きく異なるわけだが、受ける印象やシルエットはクラブガンナーとは全く別の機体である。
六本脚の蜘蛛のようなスタイルは異形であり、普通、このようなメカは人型でないという理由で二線級の弱さにレーティングされるものだが、先に述べたように砂漠を滑るように動く超一流の活躍。
人型でないメカがホームグラウンドでとは言え、奇策でなく堂々たる真っ向勝負でダグラムと対峙した。
これぞ従来ロボットへのアンチテーゼから生まれミリタリーテイストを塗したダグラムの真骨頂と言えるだろう。
CBアーマーの挙動については2つの潮流がある。
戦車のように重厚な動きを好む層と軽快なジャンプを好む層だ。
そのどちらに向けてメカ描写をするのかはっきりしなかったからこそ、過去エントリーでも繰り返し述べている初登場時の軽快なジャンプと2回目以降の鈍重な動きという矛盾が温存されたわけで、重厚派は重たいロボットがピョンピョンとジャンプするのがゆるせないし、ジャンプ派は矛盾自体がゆるせなく不協和音の元となっている次第…。だが、デザートガンナーの高速移動については悪い評価を聞いたことがない。
六本脚で荷重を分散し移動だけでなく姿勢制御や本体の上下も思いのままというのは、リアリティを犠牲にすることなくなし得る高機動なのだ。
劇中では弱点である腹部をチコのビッグEガンで撃たれて反撃をゆるしたが、ATATにリスクなしに近づけるのはルークだけであるように、普通の歩兵に同じ真似は困難なのだから、本来なら弱点にカウントする必要もない。
とは言え、だからと言って、丸い腹部ハッチが狙ってくれと言わんがばかりに目立っているのは何とかならないものか。
あれではまるで第三艦橋である。
あそこから車長が逆さまに顔を出しながら進撃するのって、絵面としてはかなり間抜けな気がするのだった。

2014年10月26日 (日) 今日の鯨の囀り

そうか。ハロウィンのカボチャはガイキングに似ている!
井戸川なんてまともな候補じゃないでしょ。泡沫あるいはネタ。
絵が下手な漫画のいいところは、実写のドラマや映画になっても原作と違うと言われないことだ。原作と同じにすること自体が不可能だったりするので。
馬鹿が不正選挙がどうとかいちいちうるさいから、高校数学の統計で当確とは何かについて教えといてよ。
ゴミの分別が細かくなるほど捨てる日が来るまでに溜めておくスペースが必要となるわけだけど、狭いアパートに住んでるとマジで負担なんです。
すき家やワタミのシミュレーションを作るなら、ドリームキャストの業腹クソゲー「ボコ夢の達人」のシステムでやってほしい。
政権奪取を目指す野党は選挙に行かないように訴える方が本当はいいんだよね。投票率が上がるほど与党の得票率は上がるだろうから。
得票率55%で知事になるのと得票率60%じゃあできることも違ってくるんだから、死票なんてものは存在しないのよ。
札幌太郎さんが立ち小便してるのを捕まえるには「札幌太郎の立ち小便を禁じる法律」という名前の法律がなきゃ駄目なのかw
民主主義においては少数派の意見も聞くべきだが、それはあくまでその意見により多数派のうち何人かの考えを翻意できるかも知れないその機会を与えるということであって、少数派の主張を取り入れるということではない。何かを決めるなら依然として多数決だ。当然のことだろう。
SMバーなんて知らなかったけど、反発するのはどうせ和製清教徒の類だろう。頭でっかちの気持ち悪い連中に決まってる。 http://t.co/zysDqGVkYo
ほほお。ずーしーほっきーの北斗市民支持率は7割か。なかなか好評だな。
バンブラPに待ちに待ってたまどマギのエンディングテーマ「MAGIA」が配信されたが、これ難しいなw 練習あるのみだ。
SMバーとやらには行ったことがないからよう分からんけど、世の中にはゲイバー程度で世界の全てが汚濁にまみれているかのように嘆かわしいとかほざくピュアなご老人がいるからなぁ…。どんな人生をおくってきたのやら。なんだか羨ましくすらある。皮肉だけど。