Powered by Six Apart

« ワンイッシュー | メイン | 頓珍漢なタイトルではあるが… »

2014年3月26日 (水)

ズィーフとは俺のことかとシーフ言い

えいご漬け(DS)をやってて、ポリスマンが「ズィーフ」を追いかけているというのがどうしても分からなくて、ズィーフとは何ぞやと思ってジープではないかと何度も聴き返したけどどう聴いてもPの音ではない。
で、試行錯誤の上で導き出した正解はthiefつまり泥棒だったわけだが、これってRPGでいつもシーフって言ってるからそれに引っ張られて、可能性を最初から除外してたってことだよな。
日頃から、カタカナになった時点でそれは日本語、元の発音と似てようが似てなかろうがどうでもいい、と言っているけど、なかなか完全には実地に適用できないものだ。
カタカナ言葉と英単語で清音と濁音の違いが出てくるってのはよくあるパターンなんだけど、失念してました。
しかし俺のようにゲーム用語として覚えてしまっている英単語が多い人は、これから先もこういうことが増えてきそう。
D&Dの呪文名はほとんど英語をそのままカタカナ言葉にしたものだし、その発音で頭にインプットされてしまっている。
ゲーマーってやつは本当にビョーキだね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/32169103

ズィーフとは俺のことかとシーフ言いを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。