Powered by Six Apart

« 花マイスター | メイン | 休日が つぶれるような 風邪は嫌(字余らず) »

2014年3月10日 (月)

オーガスでようがす?その7「無意味な4段変形」

超時空世紀オーガスについてネガティブな思い出を語る不定期掲載エントリーも取り敢えずの最後。
今回はオーガス本編において全く意味のなかった4段変形について語っていきたい。
マクロスの大ヒットの最大要因であったバルキリーの三段変形。
次なるヒット商品として4段変形が求められるのは自然なことだ。
最近の仮面ライダーでもメモリ2本→メダル3枚→スイッチ4つ→指輪5つという流れがあった(※)ことを思うと、特にゴリ押しとも思えない。
しかし、これらはほとんど生きなかった。
新たに加わったタンク形態が使われなかっただけならまだしも、バルキリーのファイター形態に当たるフライヤー形態でさえ使用頻度が極端に低く、ほぼガウォークとオーガロイドの使い分けのみ。
変形を駆使した戦闘という観点からするとマクロスより退化すらしていたと言ってよかったのだ。
これでは玩具が売れないのも無理はない。
ただでさえ実在の兵器や乗り物に似てないものからの変形なのに、ろくに劇中で生かされないのだから。
だが、ちょっとだけ擁護させてもらうとそもそも設定との食い合わせが悪かったのだ。
混乱時空による複雑な地形においては低速高機動が圧倒的に有利であり、フライヤーの活躍できる余地は少ない。
とは言うものの、長距離移動の場面を適宜、挟むなどしてフライヤーの出番を増やすことはできた筈だし、タンク形態の方が、ではどうしてそんな新形態を作ったんだということになるから擁護のやり方としては弱い。
地表では高速で移動できるという設定になっているタンク形態であるが、自由に大空を飛び回れるのにわざわざ地表にへばりついている必要などなく、流石にスタッフもタンク形態を活躍させるのに困ったのか、真横からの投影面積の大きさを生かして人間を爆風から守る盾になるために変形した時には、子供心に「スポンサーになんとかタンク形態を出せってずっと言われてたんだろうな。でも凄く無理があるよな」と溜息などついたものだった。
結局のところ、劇中で生かせない性能など何の意味もない。
設定より劇中の実際の活躍を重視するようになったという意味で、オーガスの4段変形は絶好の反面教師となったのだった。

※その流れで次は6つに割れた腹筋それぞれに何らかのアイテムを使う仮面ライダーマッチョ…ってのを想像したりもしたが、そんなの子供が真似できないし商品にするのも難しいし流石に無理だったろうなw そもそも日本ではシックスパックという言葉自体がメジャーじゃないし。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/32135623

オーガスでようがす?その7「無意味な4段変形」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。