Powered by Six Apart

« 線脳MILLENIUM(WS) | メイン | ガンダムビルドファイターズ第19話「アストレイの刃」 »

2014年2月17日 (月)

大は小を兼ねない 〜 その3

今の世の中、なんでもお得感を出そうというのか大は小を兼ねるという基本スタンスの商品ばかり。
しかし、大は小を兼ねないこともまた多々あると思うのです。
というのは、わたし果物ナイフを探してたんですよ。
前に紛失してから何年も普通の包丁で剥いてたんですけど、やっぱり手元が狂ったら危ないですしね。
そしたら地元のホーマックに欲しいものがない。
並んでるのは先が尖ってて切れ味がよさそうなのばかり。
わたしは先が四角くなってて刃は片側についてるだけの、しかも切れ味が悪いものが欲しかったのに。
だって、果物の皮を剥くのに鋭い切れ味なんて要りません。
切れ味が鋭かったら却って危ないです。
突く方向に一切の威力も要りません。
だから尖っていてほしくない。
尖っていなかったら鞘も必要ないから、鞘を失くす心配もないわけです。
昔はそういう果物ナイフがたくさんあったと思うんですが、何時の間にか少数派になったのやら。
まぁ、ネット上を探せばあるでしょうし、入手に困ることもないでしょうけど、店頭に当たり前のように並んでいないことに軽くショックを受けたのでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/32101717

大は小を兼ねない 〜 その3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。