Powered by Six Apart

« クリープ現象 | メイン | ビブリア古書堂の事件手帖 第5巻 »

2014年1月31日 (金)

算数と阿吽の呼吸

昨晩はREGZAのハードディスクに残っていた1年以上前の「テストの花道」を観ていた。
BENBUメンバーにフォーゼや猫ヶ谷に出ていた清水富美加がいたので少なくとも1年以上は前だろう。
このNHKの高校生向け受験対策番組である同番組は、大人にとっても役に立つ内容で、わりとよく観ている。
番組のキャッチフレーズである「人間は『考え方』を手に入れた途端に頭がよくなる生き物である。君にできない筈はない」によく表れているように、番組で紹介されているものの考え方は仕事で色々なことを覚えなければならない大人にも十分に有効だからだ。
というわけで、ハードディスクの整理を兼ねて古いファイルを漫然と視聴していたのだが、ちと看過ならぬ設問と回答が。
以下、その設問。

2階建てバスに乗って街を観光中。
あなたは、お客の数をバスガイドに尋ねました。
すると、
「1階には25人、2階には1階の乗客の40%の人数が乗っている」と言います。
さて、バスには何人、乗っているでしょう?

次いでその回答。

答えは35人ではなく37人である、何故なら1階には運転手とバスガイドも乗っているから。

どうにも釈然としない。
…34人じゃないのか?
だって、番組で解説されていたように25人×0.4=10人を25人に足して更に運転手とバスガイドの人数を加えるのではなく、そもそも2階の人数の求め方は「乗客の」4割なのだから23人×0.4でイコール9.2人。四捨五入して9人だ。
そうなると23+9+2で34人ではないか。
いや、もちろん分かっている。
問題文にある「25人」を俺は乗客23人+運転手とバスガイドの2人と捉えたが、この文脈では乗客の数と考えた方が素直であるということくらい。
問題の趣旨は運転手とバスガイドの人数のカウントを失念しないことにあるのだから、実際の計算で小数点以下の積が発生するようになっている筈がなく(ここ重要!)、そこから逆算して25人もまた特に明記してなくても乗客の数と捉えるのが妥当ということだろう。
そう、これはまさに設問者の意図を読み取り、その欲する答えを出す問題なのであって、設問の不備に気づかないふりもしてあげる阿吽の呼吸すら求められる極めて実戦的な問題!
社会に出て求められる人材は37人と答える部下であって、上司のミスを論うように34人と答えるようでは嫌がられる。
拠ってやはり回答は37人なのだということくらい俺も分かってはいるのだ。
しかし、やっぱり納得いかん!
算数の問題でありながら提示されている条件がファジーなのが実に気持ち悪いのだ。
ここを納得できるかできないかで、その人の人生は大きく変わっていくような気が…流石にしないけどねw

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/32008749

算数と阿吽の呼吸を参照しているブログ:

コメント

確かに運転手は2人体制ですね。
しかし気になるのは2名もいるバスガイドのことです。
バスガイドが何処に立ち、そのスカートの長さは如何ほどのものなのか。
そのことを考えるとわたしは夜もグッスリ眠れるのです。
もちろん、こんなことを考えている社会人も(ry

カキコありがとうかしお
なんかけっこう穴だらけの設問ですねw

毎度ですー。
これは1階には乗客が40人、という表現にすれば良かったのにねー。
あっ、でもこうすると回答者をミスリードできないかな?

で、わたしの回答は昨今は観光パスは運転手の交代要員のため2人体制で運行するので、乗客35人+運転手2人+バスガイド1人で38人ですな。
いや、待て2階建てバスなのだからガイドも各階に必要なのでは?
というわけで正解は39人!
こういう社会人は落ちぶれますなw

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。