Powered by Six Apart

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

バニラのお菓子配達便!〜スイーツデリバリー〜

積んでたゲームブックをやってみました。
もう、これが出てから3年になるのか…。
現代の日本を舞台に3姉妹の末っ娘・バニラがケーキの配達をしながら顧客の抱える悩みを解決していくシティアドベンチャー。
基本的に善人しかいない平和でのどかな町、それ自体が1つのキャラであります。
これが出た時は、単に久しぶりのゲームブックだったのみならず、TRPG黎明期から非電源系RPG方面で精力的に活動している藤浪夫妻の作品だったこともあって、細々とでもシリーズになればいいなぁと思ったものですが、残念ながら2巻で止まったまま。
ゲームブックのブーム再び、とまでは言わなくとも、せめて1ジャンルとしては復活させたいという試みは定期的に行われているのですが、初心者向けを意識するとゲームブックの面白さがスポイルされかねないという二律背反の故かどうにも上手くいかない。
でも、下に貼ってあるURL先の感想欄で好評なのを見てもわかるとおり、未経験者にとっては、選択肢を選ぶだけで楽しいものなんですよね。
もともと藤浪作品は純朴な人情もの、アニメで言えば忍たま乱太郎、テレビゲームで言えばソニックチームという感じで、殺伐としていません。
あなたならどうする?に対するそれぞれの結果も、人情の王道に立脚した納得のいくもの。
美味しいお菓子は人を幸せにするというシンプルなテーマも分かりやすくていい。
意外性はあっても理不尽なものはないという理想的な因果関係が構築されているので、素直に楽しめる作品です。
ただ…これだけで子供たちにゲームブックという娯楽自体を好きになってもらって何作もやってもらうのは、やはりキツい。
ちょっと頭のいい子だったら、すぐに底が見えちゃうでしょう。
樹形図を書いてショートカットすることを覚えたら、そこで一定数が興味を失ってしまう。
ブラックボックスが作れない紙のゲームの構造的な限界です。
一応、工夫もあって、乱数発生装置を一般的なサイコロの代わりにトランプにしているんですよね。
引いたカードは手持ちにできて、いざという時、スペードを持っていたら、ダイヤを持っていたら、とパラグラフの行き先が分岐する。
この手持ちにできるというのが味噌で、スペードを1枚、2枚と引く度にスペードがダブる確率が低くなっていきます。
それでもわたしのようにダイヤばかり3連続して、スペードがなきゃゲームオーバーという場面でゲームオーバーになってしまうこともありますが、理不尽になりすぎない程度に「ままならなさ」は実装できているかと。
あと、初心者向けを意識したゲームブックにありがちなミスとして、説明を簡易にしようとするあまり説明不足な点があるのも残念なところ。
例えば、このゲームブックは(ちょうどアニメのように)その1からその3までの全3話に分かれていて、パラグラフ番号も独立しているのですが、アイテムは共通しているようで、その3をプレイしていてその3単独では手に入らないアイテム(つまりその1とその2で入手できるアイテム)がストーリー上、必要とされていたりします。
わたしはてっきり、各話ごとに独立していると思っていて、アイテムも各話が終了するごとにまっさらにしていたので、その場でゲームオーバーになってしまいましたw

角川つばさ文庫公式サイトの該当ページ
http://www.tsubasabunko.jp/bookdetails/index.php?pcd=201001000564

日本全国酒呑み音頭その304

10月31日はハロウィンで酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年10月30日 (水)

リアル系音ゲーの頂点へまた一歩〜バンドブラザーズP新情報

大合奏 バンドブラザーズP(3DS)の発売もあと半月ほど後に迫る中、29日に発表された新情報はやはり心踊るものがあった。
どうせ買うことに決まっているとは言え、発売までのワクワク感を盛り上げてくれるのは悪くない。
バンブラは音ゲーにおけるリアル系の頂点だ。
個人的にはゲームは音ゲーであれ車ゲーであれスポーツゲーであれなんであれ、リアル系よりアレンジ系の方が好きな俺だが、バンブラは別。
リアル系だけにアレンジ系のように音楽演奏の気持ちいい部分だけを抽出したりはしないから、中には弾いててつまらない曲がアップされることもあるだろう。
だが、それも含めてプラットフォームとして機能するのがバンブラという「場」だ。
自作曲アップにしろ、「P」というアバターによる擬似ボカロにしろ、音楽で自己表現したいと願う者たちがより個性を発揮できる場になっていることを素直に喜びたい。
今度も10000曲は軽く超えるだろうし、玉石混交の中から玉を探すことを楽しみたいものだ。
個人的には替え歌もアップできるようにしてくれると、俺も投稿したいのだけど、著作権的に無理かな…。
ギターとドラムの操作が変わったのは朗報だ。
今まではどっちもボタンだったので、ほとんど弾かなかったからだ。
これはDSでのバンブラがGBA用の企画だった名残りなのだが、今度はちゃんとタッチペンに対応してきた。
まず、ギターについては文句なし。
だが、ドラムは太鼓の達人のようなダブルタッチペンになることを期待していたのだが、そうじゃなかったのだけは残念だ。
やはり小気味よく連打するのはボタンよりスティック、リズム天国のドラムレッスンも早々に諦めたくらいだから、俺にとっては相性が悪いんだろう。
そんな俺にとってトランプのスートを模した4種類のマーカーをタッチペンで叩く新操作が面白く感じられるかどうかは実際にやってみないと分からない。
ボタンでないだけでも進化だけど、自分の好みにフィットするといいなぁ。
何はともあれ、作曲ツールは先行配信されているバンブラPには、発売と同時にそれを虎視眈々と狙っていた前作Pたちの力作がアップされるような予感がある。
発売が楽しみだ。

日本全国酒呑み音頭その303

10月30日は火星人来襲で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年10月29日 (火)

ガンダムビルドファイターズ第4話「ガンプラアイドル キララ☆」

2トーンピンクのガーベラテトラかっこいいですね。
0083のガーベラテトラは登場した頃には既に頂上決戦のレベルがデンドロビウムやノイエ・ジールのようなオーパーツ同士になってたから目立った活躍もできず仕舞いだったこともあって、ちゃんとした活躍は初めての筈。
モビルスーツを単色で塗るのってつまらないし、もしかしたらこれがスタンダードカラーになるかも知れませんね。
ガンダムビルドファイターズ第4話「ガンプラアイドル キララ☆」。
原典で実力発揮の機会を与えられなかったモビルスーツの本気バトルを観たいという需要を今回もたっぷりと満たしてくれました。
これからも、全部の武器を使わなかったドーベンウルフとか、名前のあるパイロットが乗らなかったのが惜しいアインラッド&ゲドラフとか、漁師の子供に無駄に使わせたカプールとか、あとビルケナウとか、不完全燃焼モビルスーツたちの活躍を見たいものです。
順調に勝ち進むセイとレイジ。
まずは、2回戦の対マラサイ。
手持ち武器はパッと見た目、ゼクアインのビームスマートガンに似てるので、ザク系のマラサイとのデザイン上の相性はバッチリです。
ただ、それでもビルドストライクフルパッケージには勝てない。
敵は技倆では決してレイジに見劣りしない相手に見えたんで、勝敗を分けたのは明らかに性能差。
で、その秘密はこっそり試合を分析している白衣の2人によると、銃身内部を金属製にして、シールドは薄いプラ版の積層とのこと。
この2人は感心したり驚いたりしてますが、正直なところ「え?そんな程度でいいの?」という感想。
確かに手間だけど、ガンプラバトルをするような人たちはそのくらい平気のへの座でこなすイメージがあっただけに、なんか肩透かしです。
実際にはみんな素組をしてるのかなぁ。
レギュレーションがどうなってるのか気になります。
まぁ、あまりマニアックにしても子供の視聴者が付いて来れないんで、セイの工作はあの世界では凄く斬新で画期的なものなのだと割り切ることが必要でしょうね。
ガンプラアイドルのキララも一目で強いガンプラだと見抜くほど、他のモデラーの作例とは一線を画しているわけです。
さて、そのキララ。
卑怯キャラとしての登場です。
色仕掛け+下剤+機体に細工とは実に王道。
あまり汚い真似をして道産米のイメージを悪くしないでほしいものですが、初対面の時の熱い0080語りがあったもので、そう悪い印象を持てないのも事実。
だって、北極基地戦で負けたとは言えあのサイクロップス隊相手に善戦したGMコマンドはともかく、GMスナイパーIIなんかケンプファーの噛ませ犬だったと言うのに、それでも好きになるというのはもう何度もDVDを観直したとしか考えられない。
レイジが彼のいた世界の環境のせいか卑怯な敵に対して理解があったこともありますが、セイもキララが悪ぶってるだけで何時の間にかガンダムが好きになってる人だって分かってたんでしょうね。
ちゃんとDVD観まくったりプラカラーで手ぇ汚したりコンテンツに触れてるからね。
0080はガンダムに興味のなかった一般人が最も感情移入しやすい作品だというのも、キララのキャラ造形にリアリティを与えています。
それにしてもセイくん、同一人物でも痛いアイドル女には興味ないが、痛いガンダム語り女にはデレデレとはw
委員長がセイを攻略するとしたら、そこらへんが突破口ですね。
キララの登場が委員長を1匹の雌虎にしつつあることから、その展開も近いかも。
それにしても委員長、腰の位置、めちゃ高いなぁ。
制服の時はダボッと着てるから目立たないけど、私服になるとスタイルの良さが引き立つという。
複数のヒロインがいるアニメでは委員長キャラは早々に恋愛戦線から離脱させられてしまうものですが、このアニメではお邪魔虫もいないことですし、メインヒロインとして存分にセイといちゃいちゃしてほしいものです。

日本全国酒呑み音頭その302

10月29日はメガドライブの誕生日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年10月28日 (月)

2013 オホーツク網走フィルムフェスティバル

去る10月26日〜27日の2日間に渡ってエコーセンター(網走市)で開催されたフィルムフェスティバルに行ってきました。
要するに夕張で行っているような映画祭の小規模なものですが、2スクリーンのべ20コマに対して8作品という作品数は手頃でしょう。
体力さえあれば全作品を観ることが可能ですからね。
まぁ、わたしは26日に行って3本しか観てません。
観たのは「網走番外地 南国の対決」「あなたへ」「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」。
1本目から2本目で高倉健が一気に歳をとったので、感慨深いものが。
ただ「あなたへ」はいい映画だけど、観ていて辛かったな。
亡くなった奥さんに感謝され尊敬すらされていたけど、愛されてはいなかったことを思い知らされる高倉健演じる刑務官。
彼はそれを受け止められたけど、俺だったらそんな屈辱を抱えて生きてはいけないと思う。
まぁ、屈辱と感じる時点で、俺はちっぽけな男なんだろうけど。
それはともかく、パイプ椅子に座ってじっと映画を観ているのって、けっこう疲れますね。
来年も行くとしたら、映画と映画の合間に車の中で寝るなど休憩を十分にとって余裕のあるスケジュールにしようと思います。
さて、まだ、手作りの映画祭と言ったレベルで、運営にはちょっと難があったようです。
(敢えて当時のものを使ったという)映写機が流石に古くて、リールの回転音が煩かったり、音が聞こえなくなったり、挙句に止まったり。
ここらへんは次回に期待かな。
フルで参加してたら楽しかっただろうなぁ、と残念だったのが特殊メイク教室。
さまざまな映画で喧嘩シーンやゾンビの特殊メイクを手がけている西村喜廣さんが2日間に渡って特殊メイクの実演や体験教室を行ったのですが、1日目の実演には参加できたものの、肝心の2日目の体験教室には参加できず仕舞い。
1日目のタイトなスケジュールのおかげで2日目はグッタリしてたもんで。
普通の女の子の腕が盛り上がった透明シリコンにヘラでつけた傷に血糊を塗っていくと本物の切り傷に見えてきたり、シリコンを使わなくても血糊のブラッシングだけでいかにも殴られた後の顔になっていったり、ああいうのを2日目は2人1組でやったらしいのですが…クッ、参加したかった。
まぁ、なんだかんだで楽しかったです。

日本全国酒呑み音頭その301

10月28日はてにをはの日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年10月27日 (日)

オーガスでようがす?その1「主題歌が 相対的に 好きになる(字余らず)」

今、マクロスFの再放送をやってて、実に楽しんでいるのだけれど、オーガスのBDのCMだけは非常に気になる。
噂には聞いていた「(光あふれる未来)求めて〜」のフレーズのアクセントが違うバージョンなのが、どうにも聴いててイラッと来るのだ。
歌い直して貰おうにもケーシー・ランキンは既に天国にいるし、これが最新のデジタル音源Ver.として今後も使われ続けるんだろうなぁ…。
とは言え、俺はオーガス自体はそんなに好きじゃない。
別に好きじゃないアニメに限って主題歌だけは大好きだったりするこのマーフィーの法則のバリエーションを、俺はこっそりオーガスの法則と呼んでいるのだった。
単純にOP、EDと中身は違うということなのか、それにプラスして中身に不満だと「不遇の」OPやEDへの愛着が余計に深まるということなのか。
それは分からないが、OPだけは好き、EDだけは好き、というアニメの方がカラオケで歌いたくなるのは確かだ。
ドラグナーもモスピーダも、よく歌うもんな…。
さて、だいたい週1くらいのペースでオーガスの思い出を語っていきたいと思います。
内容はともかく、設定だったりプラモ展開だったりブームに与えた影響だったり、色々と忘れられないアニメではありますからね。
今日は短いけど、この辺で。

日本全国酒呑み音頭その300

10月27日は世界新の日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪