Powered by Six Apart

« 日本全国酒呑み音頭その266 | メイン | 日本全国酒呑み音頭その267 »

2013年9月23日 (月)

宇宙戦艦ヤマト2199第25話「終わりなき戦い」

ガミラス本国では早くもデスラーが呼び捨てに。
彼のやったことを考えれば当然ですが、何とも栄枯盛衰を感じさせます。
宇宙戦艦ヤマト2199第25話「終わりなき戦い」。
全国民を道連れとした凶行が未遂に終わり僅かな手勢とともにヤマトを狙うデスラーの姿が描かれました。
森雪は叫びます。
例え違う星の人でも(※)愛し合うことだってできた筈だ、と。
もしかして最後に心を通い合わせたノランのことが脳裏を掠めたのかも知れません。
しかし、デスラーにしてみればスターシャを得られなかった傷を抉る言葉でしかない。
これは勝手な想像ですが、イスカンダル人とガミラス人は結婚が許されていないのではないでしょうか。
隣の星同士だからこそそういう因習があったということは十分に考えられます。
イスカンダルが星々の覇者だった頃、ガミラスは遥か下の存在だったことでしょう。
それはイスカンダルが武力を捨て(ざるを得ず)精神的な権威になってからも変わらない。
でも、当のスターシャ自身はそうは考えていなかった。
古代守と結ばれたことからも分かるとおり、因習を捨てる強さを持っていた。
スターシャとの間に壁を作っていたのはデスラーのほうで、デスラーが1人の男アベルトとしてスターシャを求めたなら2人は結ばれていたかも知れない。
自分とスターシャを阻む壁、欲しいものは手に入らないのに自分を神のように崇める大衆への憤り、それがこれまでの領土拡大政策の動機であり、いざ追い詰められた時に国民を見捨てた心理なのでしょうが、それは誤りであった。
スターシャが自分を撥ね付けたのではなく、自分がスターシャを撥ね付けていたのだと森雪の言葉で気づかされたからこそ、デスラーはヤマト艦内から立ち去ったかように思います。
ましてや、同じ阻害される者であったセレステラを撃ってしまった。
デスラーの表情が悲痛です。
ガミロイドがハッキングされたのは軍事的理由、その他にこのような心理的理由があっての撤退だったことで、突入から撤退への流れがスンナリと頭に入ってきました。
ガミロイドのハッキングは外連味を排除する本作にあって使われてこなかった真田さんの能力「こんなこともあろうかと」の発現で、現実的な理由付けがちゃんと成されているとは言え、颯爽と問題を解決するヒーローのようで胸がスカッとしましたね。
前半のゲール艦隊からの逃亡における指揮も、沖田の代わりが十分に務まっている落ち着きっぷりでしたし、真田さんも大きく成長しました。
ゲールの死と藪の潜水艦乗りへの転職は驚きました。
ゲールの変わり身の早さ。
3000隻の艦隊はディッツ提督側につけば当然に彼の指揮下を離れるが、デスラー側につけば彼のもの。
少なくともそう考えて、デスラーにつくほうが得策と思ったのでしょう。
しかし、次元潜航艇がこちらを討つ気まんまんなのに爆雷のような対策を全く講じないおなじみの無能クオリティが彼の敗因となりました。
…変だな、デスラーもタランもどうせ死んでいないんだろうと思っているのに、ゲールの死だけは疑っていないやw

※ダーティーペアのEDの歌詞みたいですねw

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/31859753

宇宙戦艦ヤマト2199第25話「終わりなき戦い」を参照しているブログ:

コメント

どうもです。
大胆なアレンジを加えているようでいてなんだかんだで旧シリーズの展開に収束しているヤマト2199ですから、やっぱり沖田は死ぬのでしょうね。
でもまぁ、次回作のことは考えなくていいかも。
沖田が死んでも次の艦長は古代じゃなくて真田さんの方が適役でしょうし、どっちにしろ2と同じにならんでしょうから。
英雄の丘、というモチーフは燃えるものがあるので死んでいただいた方が綺麗にまとまりますがw
旧作の記憶があやふやってのはありますよね。
わたしもドメルとデスラーが相当に有能に美化されていたから、DVDで旧作を見直して驚きました。
沖田の死で雪が蘇生するのはお話としては感動的なので、そのままにしてほしいところ。
その時は南部に古代の背中を叩いてほしいかな。

カキコありがとうかしお

そう言えば、古代守が死んだ代わりに藪が生き残ったというトレードオフがあったなw

毎度です~

ガミラスをヤマトが滅ぼさなかったおかげでデスラーの追撃が彼の我儘みたいになってしまいましたね。(う~ん)

まあ、方法は違えど森雪は死んでしまい、沖田の死とともに蘇るという下準備はできたわけなんですが・・・

憑依というオカルトチックなことを取り入れていた今作ですから沖田の魂が乗り移ったかのような描写をするのか

前回のラストで死んでいるかのような描写でしたが最終回冒頭で手術台に乗って治療中という形にして沖田の死とともにヤマを越えて事なきを得るという形にするのかどっちなのかなぁ~

完結編で蘇るのでいっそのこと沖田は死なないことにするっていう手もありますがそれだとヤマト2~3に大きな影響が出るしなにより沖田の銅像が作られませんからね。沖田にはやはりお亡くなりになってもらうしかないか・・

まあ、最終回を観て次回作を期待するとしましょうww

それにしても旧ヤマトを結構見てるような気でいましたがWIKIを見て自分の記憶は劇場版を基に構成されていることに気づきましたw

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。