Powered by Six Apart

« 日本全国酒呑み音頭その273 | メイン | 日本全国酒呑み音頭その274 »

2013年9月30日 (月)

宇宙戦艦ヤマト2199第26話「青い星の記憶」

宇宙戦艦ヤマト2199が最終話を迎えました。
古代守も沖田艦長も次の世代に託したいものがあった。
その想いこそが森雪と地球を蘇らせたコスモリバースシステムの力だった。
ヤマトのテーマである「愛の奇跡」を現代の視聴者の鑑賞に耐えるように、科学とオカルトの中に上手く落とし込んだ感じです。
実際、これならそう小っ恥ずかしくないですしね。
宇宙戦艦ヤマト2199第26話「青い星の記憶」。
開始から一貫して旧ヤマトのモチーフやテーマをレストアしてきた2199ですが、最後を締めくくったテーマは「大いなる愛」でした。
コスモリバースシステムとはいったい何だったのか。
科学的な説明だけでは、どう構築しようとも生まれ変わる新たな地球に想いを馳せるヤマトクルーたちの気持ちとシンクロするドラマとはなりません。
もともとああなってしまった地球を1台の機械だけで元に戻すのは無理がありますし。
われわれは「余計な知識」を身につけてしまっています。
旧作で地球は放射能汚染されました。
しかし、これは隕石と核爆弾を混同していて、そもそも遊星爆弾で放射能汚染が引き起こされる筈がない。
隕石は特筆すべきほどの放射線を帯びていないし、では地球のバリアを引き裂く程の大質量となると、例えば「逆襲のシャア」の小惑星アクシズでさえ不十分でしょう。
でも前作放映当時では問題なかったし、何より放射能はよく知られていない恐怖の象徴だったからガジェットとして有効に機能した。
ヤマトは科学的な要素をディテールとしながら骨組みはあくまで人の意思が世界を救うドラマだったわけです。
制作スタッフはそこらへんをちゃんと分かっていて、2199でもディテールとフォルムを極限まで高めた。
それが変わり果て放射能汚染以上に取り返しのつかない状態に思える焦土とガミラスフォーミングであり、それを上書きする「星の記憶」なのでしょう。
技術的にはスタートレック2のジェネシスシステムのようなものなのかも知れません。
でもあくまでこの地球救済劇は壮大な御伽噺なのです。
佐渡先生は本当に嬉しそうでした。
つい今さっき、沖田艦長は死んだ。
しかし、それを伝えにやってきた彼の眼前には、沖田の生涯が実に有意義であることを示す証があり、それはまさに新たな生命や営みの予感である。
森雪が生き返った奇跡も佐渡先生には自然に受け容れられたのではないでしょうか。
ヤマト2199は後に託す者と受け継ぐ者のドラマでした。
古い葡萄酒を新しい革袋に、と言うのはよく使われる言葉です。
でも、この言葉を使いたい。
ヤマトは一時代を築いたが故に素直には受け継がれず、後続のSFアニメにはむしろアンチテーゼの方が多かった。
大声で愛を叫ぶアニメは恥ずかしいとか、個人の活躍で戦局が大きく動くのは子供騙しであるとか、現実の国家や集団を模しすぎているのはわざとらしいとか、そういう数年して成長しヤマトを振り返った時につい入れてしまうツッコミを潰すような形でSFアニメは作られて来ましたし、わたし自身、そういうツッコミを入れたこと自体は全く後悔していません。
しかしヤマトはパパであった。
お父さんでも父さんでも父上でもなく「パパ」であった。
「パパ」は幼子にシンプルで力強い世界観を植え付けてくれます。
そして長じて反発したとしても、それは彼にとって嬉しいことですらある。
フォルム。
感情的に納得のいく話の流れこそがヤマトの最大の魅力であり、それを受け継いでくれたからこそ、2199はあのヤマトを古い葡萄酒のまま味わわせてくれたのだと思うのです。
ありがとう、ヤマト2199!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/31872767

宇宙戦艦ヤマト2199第26話「青い星の記憶」を参照しているブログ:

コメント

いらっしゃいませ。
ヤマトはこういう形のものを作っていいんだ、という出発点、雛形ですものね。
原点なのだと思います。
2199の群像劇は確かによかったですね。
群像劇自体は主人公が埋没している作品も多く必ずしもいいわけではありませんが、2199ではバッチリでした。
過去のリベンジって気持ちはあったでしょうね。
3の土門の生活班の時期が長すぎるとか、2の斎藤と新米を戦死させたことで結局はデフォルトメンバーしかメインになれない印象を作ってしまったとか、群像劇にできなかったことはシリーズを尻窄みにしていきましたから。
2199だったら、それこそいくらでもスピンオフが作れそうですよね。
そうすれば、好きなキャラからヤマト自体も好きになる人が増えていくかも知れません。

はじめまして。遅ればせながら、最近ようやく2199の全話をDVDで見終わりました。映画の星巡る方舟も拝見しました。ヤマトはパパですか。そうかもしれません。2199にガンダムやエヴァといったヤマトの後に作られた作品のスタッフが多数参加しているのは、里帰りみたいな感じがしましたが、沖田の存在含め父性が重要なモチーフのヤマトは、作品の存在自体も、日本アニメの父親だったと痛感します。
2199自体は実写のスペースバトルシップヤマトと違って、ファン向けの閉じた作品という印象がありました。それは今も変わりませんが、過去に新キャラが多数出てきたヤマト3や復活篇に比べると、2199は本当に群像劇として上手く出来ていたと思います。2199のキャラは皆個性的で、それぞれ主役の話を張れる人ばかり。古代進が活躍しないと批判されたり、森雪や沖田が活躍しなかったり出番が無い話があったりしましたが、AKBやEXILEみたいな集団芸能人が全盛の時代です。今の時代には相応しい展開と思います。
2199は続編企画があるそうですが、もっともっと多くの人に、ファン以外の人にも愛される展開になって欲しいです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。