Powered by Six Apart

« 日本全国酒呑み音頭その239 | メイン | 日本全国酒呑み音頭その240 »

2013年8月27日 (火)

mkIII版北斗の拳のフィールド曲とレンタヒーローのOP

なんでこんなことに気がつかなかったのだろう。
名作と名高いセガmkIII版北斗の拳。
そのフィールドBGMが歌詞をつけてくれと言わんがばかりだということに。
アニメがゲームになる場合、そのOPのカラオケバージョンがタイトル画面やフィールドのBGMになることが多い。
mkIII版北斗の拳ではそのパターンを使わずオリジナルのBGMなのだが、まるでこのBGMがカラオケバージョンである元の歌が存在するかのようなメロディーライン。
ドライブ中に最近のヘビロテである「SG-1000 30thアニバーサリー」に収録されている同曲を聴きながらふと歌詞をつけて歌ってしまったことで気づくまで、俺はこの曲が歌詞を求めていることに気がつかなかったのである。
思えば、これはレンタヒーロー(MD)のオープニングを彷彿とさせる。
レンタヒーローは今でいうご当地ヒーローをアルバイトとしてこなすアクションRPGだが、OPがまさに歌詞をつけて歌ってくれと言わんがばかりで、OPのバックの画像の演出もテレビのヒーローもののOPを意識したもの。
その制作者からの挑戦に奮い立った人達がいたのか、BEEP!メガドライブ誌の読者ページの1コーナー「思わず歌ってしまいました」でも最終的に3人の投稿者による歌詞が掲載され、その歌詞があまりに曲にジャストフィットだったので、後に格闘ゲーム「ファイターズメガミックス(SS)」にレンタヒーローが登場しバックのキャラソングとして公式の歌詞が発表された時も「なんか違う…」と(本来なら逆なのに)思ってしまったほどだったのだ。
あの楽しさと同様のことが起きるようにという仕掛けが、mkIII版北斗の拳のフィールド曲には込められていたのではないか。
どんどん歌詞をつけて歌ってほしいというスタッフの思いがあったのではないか、と勝手な想像を巡らせる俺。
ブームの仕掛けというのは結実しないことも多いんだよな。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/31804563

mkIII版北斗の拳のフィールド曲とレンタヒーローのOPを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。