Powered by Six Apart

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月26日 (月)

宇宙戦艦ヤマト2199第21話「第十七収容所惑星」

ドメルの奥さんが相変わらず囚人のままな上にディッツ提督まで獄中にあるとは。
ヤマトを巡る一連の戦いはガミラスの崩壊を確実に早めはしましたが、この様子を見るに火種は以前より蒔かれており、遅かれ早かれ避けられない運命だったように思えます。
宇宙戦艦ヤマト2199第21話「第十七収容所惑星」。
古代による(なし崩し的な)森雪救出作戦と、メルダによるディッツ提督救出を兼ねた収容所惑星開放が並行して行われたエピソードでしたが、ガミラス社会の追い詰められた現状がよりはっきりと見えてきた回でもありました。
痛々しい船体を晒すヤマトにカプセルが次々と送り出される宇宙葬。
多くの仲間を失ったクルーたちの中でも雪を奪われた古代の心痛は端から見ていても痛々しい限り。
その心中を慮った沖田艦長は気分転換を兼ねた偵察任務を命じます。
その偵察先がヤマトの補修用資材採掘に適した星であると同時にガミラスの収容所惑星でもありそこにたまたま森雪も護送されてきていたというのは些か偶然が過ぎるような気もしますが、偵察に向かうシーガルにたまたま隠遁中の伊東と藪が乗り合わせていたというコミカルなシチュエーションの方が印象が強くそんなに気にならなかったというのは偶然なのか上手いのか。
まぁ、後者なんでしょうね。
テンポを優先して御都合主義をやる時でも、それが目立たないように別のエピソードを配するというのは、実に手馴れた感じです。
この伊東・藪コンビが実にいい感じ。
今回で解消となったのが勿体無いくらいで、藪に振り回される伊東にこれまでにない親近感が湧いてきます。
しかし、「慣れないことはするもんじゃない」。
最後のユリーシャを敵兵の銃撃から救った行為のみならず、ずっと伊東らしからぬ言動を止むなくされたことで調子が狂ったのか、倒れた敵兵たちの死を確認しないという致命的な判断の誤りで死を招いてしまいました。
そもそもが先の古代の偵察任務拝命の件から新見女史と伊東保安部長は明暗を分けていました。
ピンチの時にヤマトの役に立った新見女史は(クーデターの際にも人命が失われること自体は望んでいなかったことが明白だったこともありますが)再び仲間として受け入れられたのに対し、伊東は藪とともにじっとシーガルの中に潜み捲土重来の機会を伺っています。
宇宙人なんか信用できるかという考えに変わりがなかったということもあるでしょうが、まさか自分が再び仲間に戻れるとは思っていなかったのが大きいでしょうね。
ユリーシャの言動に不信感を抱き自分の言説に共感を覚える者もいたことを伊東が知っていたら素直に独房に戻っていつかは元職に復帰という道もあったのかと思うとやり切れません。
人生の明暗というのは己の預かり知らないところにある偶然によって左右されてしまうものなのでしょう。
旧シリーズでスターシャは藪をリーダーとする一派のことを「好きになれない人達」と呼びました。
最期の1人となっても他の星に迷惑をかけないという信念を貫いたスターシャですから、それも当然でしょう。
しかし妹のユリーシャは、その好きになれない人達の筈である伊東の心に触れ、方法は違えど故郷を救いたいという気持ちに変わりはないことを知った。
清濁併せ呑むことをイスカンダル人が受け入れた時、3つの星の運命はどう変わっていくのでしょうか。
その結果によっては、伊東の死も無駄ではなかったということになるのではないでしょうか。
…伊東は時に好きなキャラではありませんでしたが、最後に死に花を咲かせましたね。
間違われたことを知って「イスカンダルの姫君」を演じる覚悟を決めた森雪の毅然とした態度も格好良かった。
ザルツ人の若者が惚れてしまうのも当然かも。

日本全国酒呑み音頭その238

8月26日はレインボーブリッジ開通日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年8月25日 (日)

PSG国歌

運転中にいきなりPSG音源'の君が代が流れ出したのでオヤと思った。
最近の運転中のBGMは「セガSG-1000 30th アニバーサリー」。
セガの最初の家庭用ゲーム機「SG-1000」の発売30周年を記念した4枚組のアルバムで、アルバム名に反してセガmkIIIのゲームミュージックも収録されているのだが、俺の知らないmkIIIのゲームにBGMに君が代を使っているものがあるということだろうか?
赤信号の隙にジャケットの裏を参照して謎が解けた。
トラック数から類推してこれは「グレートバレーボール」の曲。
元セガ人でmkIIIのめぼしいゲームは一通り遊んでいるとは言え、流石にスポーツゲームまではノーチェックだったのだが、なかなかに気合の入ったBGM群。
君が代はきっと国歌斉唱シーンで流れるのだろう。
ラ・マルセイエーズなんかも収録されていたし。
ただ、当時の容量で8カ国とか16カ国も収録されていたとは思えないから、せいぜい選べる国は4カ国くらいなんだろうな。
それにしても80本あるmkIII用ゲームの中から選ばれるくらいだから、セガ側はよほどこのゲームの楽曲に自信があったんだろうな。
いかん、なんだか欲しくなってきた。
…こういう風にして、やったこともなく存在すら意識していなかったゲームに興味を持ってしまうからゲームサントラってやつはおそろしい。

日本全国酒呑み音頭その237

8月25日はインスタントラーメンの日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年8月24日 (土)

斎藤始とリュウ・ホセイ

空間騎兵隊隊長・斎藤始。
「さらば宇宙戦艦ヤマト」で壮絶な最期を遂げた豪傑で、他のヤマトクルーにはいないタイプということもあってお気に入りのキャラクターだ。
しかし、どうやら自分の中で彼は相当に冗談がお好き…じゃなかった美化されていたようだ。
ヤマト2199にどっぷりはまっている関係で、今ちょうど「ヤマト2」のDVDを少しずつレンタルしてきて観ているのだが、「さらば」とは打って変わった迷惑キャラっぷりに脳内で斎藤始株がどんどん下がって…いく危機に晒されているのだ。
なんだ、この自分勝手で実力不足の斎藤は!と思いつつも、斎藤始を嫌いになりたくないという動機の方が遥かに強く、何とかして彼の言動に合理的理由を見出し擁護したいと解釈を試みるもなかなかいい論法が見当たらないわけで、実に歯痒い思いを抱く俺。
だが、結局のところ、理由なんて1つしかない。
ガンダムのリュウ・ホセイが、あらためて観直してみると、シミュレーションを2度やっただけで実戦経験がなかったり、うっかり無線を切っていてホワイトベースと連絡が取れなかったりと、しっかりした性格のベテランというイメージは最期のシーンから逆算されて形成されたものに過ぎないこと、さらに後者は「アニメとして子供が観て分かりやすい」失敗描写が必要だったことを思うと、斎藤始の身勝手で子供染みたヤマト艦内での言動やザバイバル将軍の大戦車部隊相手に稚拙な作戦で挑み一方的な被害を被ったことなどは、斎藤始というキャラの豪放磊落さを表現する演出上の必然だったり、その彼が危機一髪を古代に救われるシーンが必要だったってことなのだろう。
もちろん、これはメタな理由に過ぎずアニメを楽しむ態度とはかけ離れたシラけなので、ちゃんと自分が劇中世界の人間だった場合に納得のいく理由がほしいのだけど。
でもまぁ、俺もヤマト2はちゃんとリアルタイムで全話を観ている筈だし、にもかかわらず地球艦隊とバルゼー艦隊の名勝負を筆頭としたいいイメージしか残っていないことを思うと、当時、子供だった俺にとって斎藤の言動は少しも問題じゃなかったんだろうし、そんな理由を探すのは野暮ってものなのかも知れないという気もするし…。
子供の視聴者に分かりやすい失敗を大人キャラがする必要性って、アニメでは避けては通れない問題だよなぁ。

日本全国酒呑み音頭その236

8月24日は愛酒の日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年8月23日 (金)

MOTHER4とダーコーヴァ年代記

数日前の「いわゆるMOTHER4」の最新ニュースを聞いた時、ダーコーヴァ年代記のことを思い出した。
双方に説明が要るだろう。
「いわゆるMOTHER4」とは、アメリカのファンが勝手に作ってる非公式続編のこと。
そしてダーコーヴァ年代記とは今は亡きフェミニズムSFの第一人者•ブラッドリー女史の代表作であるSFファンタジー小説シリーズだ。
超能力者の貴族が超能力持たない平民を支配している惑星ダーコーヴァを舞台にした数10巻にわたる大河SFで、コミンと呼ばれる代々の貴族たちが主人公の数百年にわたる叙事詩でもある。
そのダーコーヴァ年代記の邦訳の後書きで明かされたエピソードが、まざまざと頭に浮かんだのだ。
どのようなエピソードかというと、ある人気コンビの青年時代は描かれていなかったのだが、熱心なファンが勝手に彼等の青年時代の小説を書いてあろうことかブラッドリー先生のところに送った。
ブラッドリー先生、それを読んでカンカンに怒ったらしく(ほら、フェミニストって怒りっぽいから)、◯◯はこんなことしない、△△はこんなこと言わないとばかりに、自ら青年編を書くに至ったわけだ。
アメリカのファンって、こういう暴走をしちゃうんだよな。
で、思った。
アメリカの熱心なファンの勝手な創作という点で、この2つには共通点がある。
だが、それ以降の経過は決して辿らせてはいけない、と。
糸井重里に「いわゆるMOTHER4」が気に入らないという理由から4を作ってもらっても嬉しくない。
もし、勝手同人たちがそういうシナリオを期待しているのならやめてほしい、と。
なんか尻を叩いているつもりなんじゃないかって邪推しちゃうんだよな。

日本全国酒呑み音頭その235

8月23日は矢文の日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年8月22日 (木)

単なる第三者なんだろ?

いいかげんにしてほしい。
「おバカなバイト」のニュースが続く。
俺が店長だったらカンカンに怒ったことだろう。
しかし俺は店長じゃない。
完全な第三者だ。
最初のアイスのケースでは呆れたものの、類似のケースの露見や模倣犯発生の度に、そのバイトに高額の請求をした挙句に実名を広く知れ渡らせその後の人生を破滅させてやれと言わんがばかりの罵詈雑言が並ぶのにはかなり度ン退き。
もうウンザリしているのだ。
それどころか、この手の御巫山戯をするタイプはチョーシこいたボケが多いから、自分の周囲のそういうタイプに嫌な目に合わされているおとなしい連中がここぞとばかりに鬱憤を晴らしているのではという邪推すらしている。
本当に邪推だけなのかというツッコミは禁止する。
はっきり言って、どっちも嫌いだ。
刑罰なり社会的制裁にはメリハリが必要だ。
殺人から立小便まであらゆる罪を全て死刑にしていては、つい旦那さんや奥さんや恋人や友人に暴言を吐いてしまった人もどうせ死刑になるのだからと、もっと重い犯罪に対し、少なくとも抑止効果はなくなるだろう。
長期的にかつ巨視的に見ればマイナスだ。
もちろん、「その店の店長が」制裁を行うのに対して、俺は別に異論はない。
だって、第三者だし。

日本全国酒呑み音頭その234

8月22日はちんちん電車の日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪