Powered by Six Apart

« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ABCと猫耳

「変態王子と笑わない猫」のアニメは、せっかく三角関係がいい感じだったのに、お姉さんが参戦してきて煩わしくなってきたな、やっぱり主人公に好意を寄せる女の子が3人以上になるとラブコメとしてはつまらなくなってくるよ、ということは今回のテーマとは関係ないので置いておくとして、このアニメはOPばかりでなくEDも実に素晴らしいなと思う。
と言いながら、もう2ヶ月も経つのに、今日になって録画していた最新話を観ててやっとEDの歌い出しが「Baby Sweets」であることに気づいた。
それまでは「ABC」だと思っていたのだ。
そして、ABCってとっくに死語だよな、少なくともここ10年ほどはあまり耳にしないよな、今になってそんな言い回しを歌詞に使う理由は奈辺にあるのだらうか、などと邪推していた。
なんとも恥ずかしい。
だがまぁ、空耳させるための確信犯(誤用)的歌詞である可能性もあるし、邪推も半分くらいは邪推じゃないかも知れない。
…「ABCをまた流行らせようという魂胆は?」みたいなエントリーを書こうと意気揚々だったもんだから、我ながらなんとも言い訳がましく往生際が悪い。
やはりABCはこのまま死語となるのが相応しいようである。
死んでしまった言葉を蘇らせようなんて烏滸がましいと思わんかね?
しかし、筒隠月子の姿からは別にこのアニメに限らず猫耳はしぶとく生き残っていることをしみじみと実感してしまう。
思えば約四半世紀前、アニメック誌のコラムで岡田斗司夫が、猫耳なんてとっくの昔に漫画では使われなくなっている古くさい表現だがアニメファンはダサい人種だから今でも通用するだろう、みたいなことを書いており、彼のファンだった俺はそれを鵜呑みにして猫耳イコールダサい古いセンスがないというイメージをかなり長いこと持っていた。
今では歪んだ選民意識だったと分かっているが、猫耳に対するマイナスイメージは残り続けていて、どうも猫耳キャラは素直に見れなかったりする。
実際、一時期、猫耳はほぼ壊滅状態だった。
今、猫耳が残っているのは、時々の誰かが猫耳を意地でも使い続け細々と伝統が続いていたからだろう。
ABCと猫耳の違いはそこなんだろうな。

日本全国酒呑み音頭その151

5月31日はスカイツリー地上波開始で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年5月30日 (木) 今日の鯨の囀り

RAHミクは決定版に思えるな。ノーマルなミクは1体も持ってないからほしいが、流石にいいお値段だ。
今週の「リアル」。白鳥の矜恃から来るやせ我慢はいいね。怪我を圧して試合に出るスポーツ漫画は本当は好きじゃないんだけどね。その俺をして、いいと思ってしまう。
しかし「正義の奥様」には、こういう面倒くさい奴の言うことを軽く流して無視したら延々と恨まれ続けて何をされるか分からないと相手に思わせる薄気味悪さがある。それは1つの政治的な力なのかも知れない。
録画してたヴヴヴみた。メガメガネが死んじゃったけど、モロに死体を出すなよ、と思った。
やはり和製清教徒どもは生理的に無理だ。
RT @mekara_uroko: 「相手を殺し生き延びるくらいなら、殺される方がいい 日本が侵略されたのなら、黙って殺されて日本が支配されてもいい そういう命を大切にする気持ちが必要なんだと私は思います」すげぇ…そら日本死ぬわ◆「正義の奥様」による改正案成立呼びかけ文http…
録画してた進撃の巨人を見た。生きていたエレンを抱きしめて喜ぶミカサが抜群に可愛いね。いつもクールなので目立つ。
今日はジムに行かずにたまったアニメを消化する日にしないともうHDがいっぱいに近い。
爆睡しちゃったせいか家の中でケータイをなくした。探さないと他に目覚まし持ってない…。
仲間うちでは水着甲冑と言っていた。ビキニアーマーとかセパレートメールとかいろいろな言い方があるけど、統一されてはいないよね。
今日はサンダーボルト2巻の発売日。まぁ、入荷は明日くらいだろうけど。
ラブリンモンローを連載中止に追い込んだ連中に対する恨みは忘れてないからな。児ポ法でも同じようなことは起きるだろう。だから被害妄想ではないよ。
夫婦別姓の是非はともかく、なんで賠償金を原告が貰うんだ?国民全員で分けるべき金だろ。以下略w

2013年5月30日 (木)

トモコレのコメディみたいなプロポーズイベント最高

「たちばなうきょう」と「こばやかわりんこ」が結婚した模様。
トモダチコレクション(3DS)の中の話ですが。
プロポーズ中の2人の背後に隠れる怪しい影、「ことだまふみあきのそっくりさん」!
「たちばなうきょう」の要請で、話しかけるタイミングを小声で指示するという、まるでコメディドラマのような展開ですが、タイミングがズレると会話が別方向に行ってしまってジリジリと。
やっと決定的な一言が言えた時、そしてオッケーだった時には、実に盛り上がりましたねぇ。
銀英伝でミッターマイヤーの父が息子のプロポーズを陰から覗いて…じゃなかった見守っていて、何をやってるんださっさと言わんかとか、抱き合う2人を見てでかしたぞとかやってたコミカルな一連のシーンを思い出してニヤリとしたりして。
女→男の時はまた会話パターンが違うのでしょうし、プロポーズ場所も今回は花火大会でしたが、別の場所も用意されている。
別のカップルの時も楽しめそうです。
ただ、寝室は覗けないようにしてほしかったな。
いや、バラバラに、かつ体を線分に例えたらお互いに捻れの位置で仰臥しているから、ナニを…じゃなかった何をしているわけでもないんですが、覗けた上で不自然なことをしているくらいなら、そもそも覗けない方が余韻があっていいでしょうに。
まぁ、ゲーム中のカップルは実在の人物をモデルにしたMii同士のことも多いだけに、そのような余韻、というか邪推ですら排除して健全路線でいくのも仕方がないっちゃ仕方がないんですけどね。
このゲームは全年齢ですし。
そのうち2世誕生でしょうが、キャベツ畑なのかコウノトリなのか、今から楽しみです。

…なんて言って、本当はドロドロしてた方が面白い、と思う性質なんですよね。
最初の成婚者が出るまでは邪魔はすまいと思って、ネガティブなことを言わない、横恋慕を煽らないなどの配慮をしてきましたが、これからは三角関係を積極的に成立させる方向にシフトしてみますかね。
そのためには住人も増やさないとなぁ。

日本全国酒呑み音頭その150

5月30日はジャンヌを偲んで酒を呑もうぜ
呑もう呑もう呑もうぜ〜
酒を呑もうぜ♪

2013年5月29日 (水) 今日の鯨の囀り

マウスより自分のクローンの方が実験動物としては最適なんだろうが、最初から最終的には殺すことになると分かりきってる人間を作ることが倫理的にゆるされるかどうか。
ちゃんと子供を守ってますよ、というポーズだからな。実在児童から搾取している親やヤクザとことを構えるつもりがないってことなんだろうな。
PSOも2になったんだし、1作目をオフラインRPGとして再構成して出してもいい頃じゃないか。
今週の「BE BLUE」。主人公が落ち込んでる時なのになんでアンナを出さんw まぁ、アンナはメインヒロインじゃないって分かってるけど。
今週の「銀の匙」。そうそう。札幌は豪雪地帯なのよ。もし日本が破綻したら除雪費用の負担ができず冬は機能しなくなる街。
とりあえず被写体のモデルの年齢区切りで制作者を問答無用に逮捕するようにして実写の児童ポルノを作れなくすればいいだけなのに、無理に創作物なんて入れる必要があるとは思えん。どうせ社会的なテーマの骨太の漫画でも自分が気に入らなかったら規制するんだろうに。誰が信用するものか。
地味にハイブリッドフロントやバハムート戦記なんか見映えがしそうだ #次のセガ3Dシリーズ予想
ブログのコメント欄に宗教の勧誘を書いてきた奴が。すぐ消したが。気持ち悪い。
「一市長にコメントせず」か。よしよし、いい流れだ。このまま沈静化だな。
もし太ったレギュラーキャラが登場したら、即座にドワドワーフの渾名で呼ばれるわけで、よって意地でもデブキャラは出さないものと推測される。
確かに無人兵器には問題もある。豊かな無人兵器国家と貧しい有人兵器国家が戦争し、戦場では前者の戦死者がゼロってことになったら、後者の兵士は俺達の仲間は死んでるのにあいつらは!と思って1人でも2人でも殺そうとテロの動機になりかねない。しかし、だからこそ抑止力になるとも言える。
乙武さんはほとぼりが覚めるのを待ってるのに、擁護なんかされたら迷惑だってのになw
殺人ロボットか。こういう時にアシモフのロボット三原則を口にする人は多いけど、第一番原則「ロボットは人間を傷つけてはならない」には「但し第零番原則(ロボットは人類を守らなければならない)に抵触する場合はその限りではない」という但し書きが後付けで加えられたことを知らないんだろう。

2013年5月29日 (水)

謎の彼女X第10巻

10をローマ数字で書いたら謎の彼女XX(ダブルエックス)って読めちゃうな。
なんてところまで続いてしまった「謎の彼女X」
始まった時は早晩、ネタが尽きるのではと思ったし、必殺ファンクション「パンツ・ハサミ」の頻度が激減していったこともその懸念を後押ししていったものですが然に非ず。
一般的な恋愛の進展で行けばほとんど進展していないにもかかわらず、次から次とこれでもかというフェチ要素で別ルートでグイグイ進んでいき、依然として初々しさや微笑ましさは失わないというゆるい綱渡りは、ここまで続いたのでした。
もう、このままずっと続いちゃってもいいよw
「椿くん。どうしてこんなところの黒子にそんなに興奮するのかしら。説明して」
「ごめん、卜部。実は上野のやつに勧められて、ちょっとだけラブプラスをやってたんだ。そしたら寧々さんの泣き黒子が…ウワッ、パンツ・ハサミはやめてくれ!」
なんて阿呆な寸劇を妄想しちゃったりして。
まぁ、ここんとこずっと続いてきた学園祭での映画制作編は言わばそんな平常運転からの逸脱で、それはそれで多数のキャラが絡んできて面白かったのだけど、ちゃんと戻ってこれるのかな、という不安はありました。
でも、ちゃんと戻ってきたんですからね。
とは言え、学園祭編の楽しみは植芝作品ならではのものでした。
ただでさえコマの隅々までの書き込みを楽しむのが植芝理一作品ですが、学園祭ともなるとシチュエーション的に学内あちこち看板だらけですからね。
ブレーキ効かずに最高でした。
あと、月刊連載であることを意識させられたのが、クリスマス→正月→バレンタインデー→ホワイトデーと4話連続したこと。
1年前もそうだったのかよく覚えていませんが、続けて読むとなんだこの疾走感はという。
専ら丘歩子が狂言回しで話のキッカケを作ってきましたが、諏訪野亮子も同様に話を動かす役になってきたのもいい感じです。
日常回帰の10巻でした。
それにしても、せっかくの新刊なのに平積みじゃないんだな。
アニメが終わってしまったらこんなものなのか…。

講談社コミックプラスの該当ページ
http://kc.kodansha.co.jp/product/top.php/1234645377

日本全国酒呑み音頭その149

5月29日は呉服の日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年5月28日 (火) 今日の鯨の囀り

4Kに「たった4倍?」と思う。ISDNでも「たった2倍?」と思ったものだ。4倍とかせこすぎる。10倍くらいにしないと。
スーパーヒロイン大戦マジですか?プリキュアがないのは、子供が間違って買わないようにという配慮ですか?
久しぶりにプロテイン3kgを買った。円安で1500円も上がったのは痛いけど仕方が無いね。
アベノミクス失敗とか喜んでる人がいるようだが、もし失敗したら一刻も早く原発を再稼働しなきゃならない理由が増えるだけなのだが。
やっと桜が満開らしい。明日は定時に上がって見にいくか。
キラキラネームかどうかは議論が分かれる名前もあるよな。例えば今の男の子は「しゅうと」くんがやたらと多いけど。
ソニック2の1面ボスのエッグマンバギーのポップなデザインが大好き。
ねんどろいどソニック再販分ポチった。
家畜の安寧、とは隠れ家暮らしは家畜のようなものだと嘆くアンネ・フランクのことですか?
死せる餓狼の自由を!とは、KOFは出さなきゃならないキャラが多くてガチガチだけど餓狼ならまだ自由に作れる、というマークオブウルフのことですか?

2013年5月28日 (火)

ATOKPROのことわざ自慢

「清水の舞台から飛び降りる」だと?
俺は仕事をしてるんだ!
ことわざ豆知識なんてどうでもいいわ!
ATOKPROが職場のPCに導入されてから早2ヶ月。
最初は五十音全てについて1文字を入力しただけで、「あ」から始まる「い」から始まる諺や決まり文句が入力候補としてズラリと並んだものだが、使っているうちに自分で打ち込んだ単語が入力候補として優先されるようになり、ATOKくんの「ボク、こんな諺も知ってるんだよ。見て見て!」といううざったい自己主張も影を潜めるようになって安心していたところにこの洗礼。
札幌市清田区方面の複数の箇所に郵便物を送らなければならなくなり、「きよ」と打ち込む度に「清水の舞台から飛び降りる」が目に入って、ついに苛立ちが爆発したというわけだ。
既に「清田区」から始まる複数の住所で「きよ」の入力候補欄は埋まったが、まだ2文字の全ての組み合わせを俺色に染めたわけではないし、これからも処女入力となる2文字打ち込みの度に、きっとたびたびこのようなことが起こるのだろう。
なんで、ことわざなんてデフォルトで入ってるんだろうね。
邪魔で仕方がないじゃないか。
まぁ、設定で消せるのだろうが、いちいち調べるのは面倒くさいし、自然に俺色に染まるまで少し我慢すれば、という程度の気持ちなんだが。
このことわざ自慢の元となった予測変換が初めて登場した時はあまりの便利さに画期的な発明だと思った。
しかし、発展の過程で語彙が無駄に増えすぎたことで逆に不便になってしまった。
まさに過ぎたるは猶及ばざるが如し。
スペック競争、ボリューム競争は度を過ぎるとユーザー置いてけぼりだとも思うのだった。