Powered by Six Apart

« 日本全国酒呑み音頭その92 | メイン | 2013年4月 2日 (火) 今日の鯨の囀り »

2013年4月 2日 (火)

超回復に半信半疑になりながらの3月のジム通い

いわゆる超回復には半信半疑だった。
だって、超回復理論では筋肉の増加は休息しないと起きないという。
だから筋トレは何日かおきにやるべきだと言う。
しかし、毎日のように肉体労働をこなしている職業の方々は休息日など設けていないのにたいへん逞しい体をしているではないか。
超回復理論が正しいなら彼等はそんなに逞しくない筈だ。
さらに昔は超回復理論に限らずスポーツ理論などなかったのに、軍隊にはちゃんと逞しい兵隊がたくさんいたと思われる。
本当に超回復理論は正しいのだろうか。
単にオーバーワークをさせない方便なのではないだろうか、という疑惑が常にあったのだ。
その一方で、ジムに行かない日が何日か続いても筋力が落ちないばかりか、以前より重いウェイトをつけて筋トレができるようになっていることも少なくないことは、まさに実感しているところ。
2月末現在から3月末現在にかけてのジムでのウェイトの変化を上げてみる。

エアロバイク20分
チェストプレス54kg×12回×3セット→63kg×12回×3セット
ショルダープレス55kg×12回×3セット→60kg×12回×3セット
プルオーバー75kg×12回×3セット→80kg×12回×3セット
ローワーバック114.3kg×12回×3セット→119.7kg×12回×3セット
アブドミナル81.6kg×12回×2セット+87.1kg×12回×1セット→87.1kg×12回×3セット
ケーブルカール15kg×12回×3セット→20kg×12回×3セット
クロストレーナー30分

順当に1段階ずつウェイトが上がってきているのが分かる。
だから、超回復理論は正しいだろうな、と思ってはいる。
ただ納得したいだけなのだ。
理屈を捏ね回したくなってきたというのは、メニューをこなすのがきつくなってきたので、サボる理由を探しているのかも知れないな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/31258433

超回復に半信半疑になりながらの3月のジム通いを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。