Powered by Six Apart

« 日本全国酒呑み温度その50 | メイン | 日本全国酒呑み温度その51 »

2013年2月19日 (火)

ブレーカーが落ちるとめっこ飯になる

ブレイカーが落ちるとものによっては大変なんですね。
電気ストーブとテレビと電子レンジは同時に使わないように気をつけていたんですが、その電子レンジを炊飯ジャーに置き換えた場合は想定してなかった迂闊さ。
ご飯が炊き上がる前にブレーカーが落ちて、えらい目に遭いました。
じゃなかった、えらい目に遭ってる最中です。
3合ものめっこ飯を捨てるわけにもいかず、今朝は茶漬けにしてみたけど、食えたもんじゃない。
とりあえず残り3食分は冷凍にしてみたけど、これをあと3食も食わなきゃならんかと思うと気が重い…。
わたくし、落ちたブレーカーをまた上げて、電源が切れたジャーを恐る恐る開いて、あと少しで炊き上がったものを未だ水が上の方に溜まっている状態の飯を見て、どうしたものかと即座に検索したんですよね。
そしたら、「そもそも炊飯ジャーはタイマーではなく温度で炊き上がったことを察知する仕組みなのだから、たとえ途中でブレーカーが落ちようとも、また炊飯スイッチを押せば炊飯は続行され炊き上がる」という声がいくつかあり、それなら大丈夫だな、と押してみたんだけど、エラー音が鳴るばかりで一向に炊飯モードにならない。
どうやら、かなり炊き上がった状態だったので、温度は十分に上がっていて、もう受け付けなくなったのかな?
それとも今のハイテク炊飯器ならできても、10年以上は使っているマイ炊飯器では駄目なのか。
仕方ないので、炊飯器から出してネットで多かったもう1つの方法「続きは昔ながらの鍋を使ったご飯の炊き方でOK」を試してみることに。
で、それが失敗したから、茶碗6杯分のめっこ飯を前に途方に暮れたというわけなのです。
おかゆかおじやにするしかないのか…。
それにしても、こういうことでもなかったら、めっこ飯なんかにお目にかからないわけで、炊飯器ってのは本当に偉大な発明だったんだなぁ。
なくなると現代文明の偉大さが分かります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/31043653

ブレーカーが落ちるとめっこ飯になるを参照しているブログ:

コメント

打てば響くというわけにはいきませんよね。
知恵袋や教えてGOOでも、質問の意図を理解していない回答が多いのですから、ましてややりとりのない調べ物なら尚更です。
リゾットはお粥だし簡単そうですね。
まぁ、後1食分なんで、茶漬けで済ませますが。
…ふう、やっと終わる。

ネット上の情報は、役に立つものも多いですが、残念ながら、条件が微妙に違って当てはまらなかったりするものも多々ありますね。
ちなみに、これもネット上の情報ですが、リゾット・パエリア・ライスコロッケにしても、それなりにいけるらしいです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。