Powered by Six Apart

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

水道凍結

出張で4日ほど家を空けて、帰りが最終バスになったからもう深夜で、とにかく熱い湯船に身体を沈めたいという湧き上がる欲求を抱えながらの帰宅。
そしたらお湯が出ないと来たもんだ。
この時点でもうグッタリ。
水は出る。
お湯も流しのは出る。
逆に風呂場でも水は出る。
風呂場のお湯と洗面所の水だけが出ない。
こりゃ凍結か?ってんでネットを調べ、湯沸かし器から出ている3本のうち1本が凍結したんだな、と当たりをつける。
クソッ!水はちゃんと落としたつもりなのに残ってやがったのか!
でも、できることはない。
既に深夜だし、翌日は絶対に外せない仕事があるから、日中に水道屋さんに来てもらうわけにもいかない。
とりあえず、翌日の帰宅後にストーブをガンガン焚いて様子を見て、それでも駄目ならさらに翌日に水道屋さんを呼ぶことにしました。
…で、今がそのストーブをガンガン焚いてる最中。
室温は地球に優しくない30度近く。
これだけ部屋を暖かくしてまだ復旧しないってことは、これは水道屋さんを呼ぶしかないなぁ。
これまでの人生で、水道を凍結させたことなんて1度もないもんで、これはボロアパートのせいなのか網走だからなのか、とにかく今年も来年も冬は凍結が起こり得る環境に住んでるんだから何らかの対策が必要ですね。
水抜きをして不凍液を入れる、はいつも長期不在時はやってますから、それ以上の何かを。
そこらへんも詳しく水道屋さんに聞いてみようっと。
それにしてもジムで汗ベタベタになって帰宅、ってシチュエーションじゃなくてよかった。
それで風呂に入れないとか拷問ですから。
…そういう風に前向きにならんとやってられんw

日本全国酒呑み温度その59

2月28日は麦チョコの日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年2月27日 (水) 今日の鯨の囀り

マリオカート7のゴースト対戦で、最後の最後にミスって、他の人ならともかくかつての自分に悠々と抜かれた時の悔しさと言ったらもうね。
@kodomitaka 地名に人名に社名。固有名詞は間違えちゃ失礼なこともあるし、気を使いますよね。
メジャーなゲーム機のゲームのパクリゲームをマイナーゲーム機で出すのは特になんとも思わない。その逆は嫌だけど。
これはだいわと読むんですか?と聞いたら、やまとですと馬鹿にしたような口調で返された。大和と書いてやまとと読むくらい知ってるわw 地名だから念を押す意味で聞いたんじゃねぇかw
RT @h3chika: 長いwww"@GENTHALf: 「容疑者」って言葉が形骸化してるから「事件のことを聞きたいから一時的に身柄を拘留する人」って呼び方にしよう。"
「魔法で狩ろうぜ」ねぇ。まぁ、やらせとけば?
出張から戻ってきたら風呂場のお湯が出ないという仕打ち。 ちゃんと水は落としていったのに…。

2013年2月27日 (水)

メイドインワリオ(GBA•アンバサダー)

3DSアンバサダー20タイトルの1つとして配信されていたメイドインワリオシリーズの1作目を遅まきながらひととおりクリア。
とは言え、GC移植版である「あつまれメイドインワリオ」を発売当時にクリアしているから、全く初めてというわけではない。
しかし、けっこう苦労した。
前にクリアしたゲームなんだし、本編は速攻でクリアして、GC移植の際に(2Pモード追加と引き換えに)カットされた「カミヒコーキ」などのボーナスゲームを集中的に遊ぶつもりでいたのだが、本編の方もすっかりコツを忘れていてなんとか全モードを出した時にはプレイ時間は15時間を超えていた。
ほとんどの面は1発クリアしたから、この時間のほとんどはノーミスで規定点数を出さなきゃならないスリリングモードで梃子摺ったことに拠るものだ。
集中力がなかなか続かないのだ。
GCの時は同モードでそんなに苦労した記憶がないから、なんでかなぁと考えたが、多分、3DS本体でプレイする際のアナログスティックのせいだ。
アンバサダー版はGBA同様の十字キー以外にも3DSのアナログスティックでも操作できる。
それにより簡単になったプチゲームもある。
上下、左右、または上下左右にタイミングよく動かす歯磨きや水泳やパスタ巻き取りだ。
その反面、十字キーの方が相性のいいプチゲームもある。
それがゲーム性を増す。
何故ならまず根本から考えるとしてメイドインワリオは断じてミニゲーム集ではない。
各プチゲームの出現がランダムなので、何をさせようとしているのか瞬時に判断しなければならない。
いわゆるミニゲーム集のゲーム性とは異なる。
その楽しさに、このプチゲームは十字キーとアナログスティックのどちらが相応しいか判断する楽しみが加わる、そのことを言っている。
それはアンバサダー版独自の楽しみとして機能しているし、通常のモードではもちろんプラスの要素なのだが、ノーミスを原則とするスリリングモードでは難易度をはね上げてしまったというわけだ。
長所と不可分の短所なので、これは仕方がないね。
と言うか、俺個人にとってのみの短所だろうし。
ボーナスゲームはカミヒコーキとPYOROが突出している。
上達しても序盤が作業にならずより軽快にプレイすることを心がけるようになるカミヒコーキの中毒性。
難易度調整の1つの理想形と言えるのではないか。

日本全国酒呑み音頭その58

2月27日は新撰組の日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年2月26日 (火) 今日の鯨の囀り

帰りのバスの道中はずっと3DSを遊んでようと思ったが、隣の席に美人が座っているので読書にしようw これを自意識過剰と言う。
ガッシュと大教授ビアス #死に方が好きなキャラクター挙げてください
昨日、食べた「毛皮を着たニシン」というロシア料理は旨かったな
今週の「砂の栄冠」。 七嶋が中村先輩に抱いたのと同じ気持ちを、小泉は七嶋に抱いただろうな。 こうして受け継げれていくわけだ。

2013年2月26日 (火)

無断撮影禁止

コナミのキネクトっぽいゲームセンター用ダンスゲームを初めて見たんだけど。
新しい音ゲーやダンスゲーはとりあえずやってみる俺でも全くやる気がおきなかった。
別につまらなそうだったわけじゃない。
踊るスペースの外周にデカデカと「無断撮影禁止」の注意書きがあったからだ。
黄色地に黒い文字で大変に目立つ文字だった。
こういうのを見たら誰もが思うだろう。
「そうか。ここで踊ってると、ケータイやスマホのカメラで無断撮影される危険があるのか。俺もこのゲームをプレイしたら“おい見ろよ。おっさんがノリノリで踊ってやがる。チョー受ける!撮影してネットに晒して笑い者にしてやろうぜw”なんて感じでボケバカに目をつけられるかも知れない。プレイするわけにはいかないな」
もちろん、ゲームセンター側だってこう思われてプレイを遠慮される危険は承知の上であろう。
にもかかわらず注意書きを書かずにはいられなかったのは、客同士のトラブルがあったからに違いない。
「あぁん?なに写してんだよスベタ。女だからって容赦しねぇぞコラァ!ボカッ!鼻血ドバッ!奥歯グシャッ!」
なんてことが起きたら大変だ。
まぁ、そこまでいかなくても口論くらいはあったとしても驚かない。
やはりこういうゲームはブースで囲むべきなんだろう。
他人を無断で撮影しネットで晒し者にしたいなどという下品な感情を抱く輩は治らないんだから、物理的に対処しないとね。
もっといい方法としてXBOX360に移植してくれてもいいけど。

日本全国酒呑み音頭その57

2月26日は3DS発売日で酒が呑めるぞ
呑める呑める呑めるぞ〜
酒が呑めるぞ♪

2013年2月25日 (月) 今日の鯨の囀り

今週の「ケッチン」。 頼りがいのある熊谷さんのポイントが上がった。
BENCONには、横山風ディティールを施したSAFS風便器が溢れそうだな。
ビブリア古書堂の事件手帖3〜栞子さんと消えない絆〜 http://t.co/15zZaLf6AD
@4gatsuumare クリームにポルナレフの踵の肉が抉られる前までは、霊波紋はともかく本体は生身の人間だから失った体の部品は戻らない、ってルールでやってたんですけどね。
夕張国際映画祭で観た韓国製アニメは互いにそうと知らずに生き別れた親子の感動ストーリーでよかったんだが、父母の出会いの場所が水車小屋だったのは気になったな。19世紀まで朝鮮に水車はなかったと聞いたが。

2013年2月25日 (月)

ビブリア古書堂の事件手帖3〜栞子さんと消えない絆〜

読了。
さっき最新刊である4巻を入手したばかりなので、先を読みたくて気が逸っているんだけど、とりあえず3巻の感想を。
栞子さんの宿敵であるブラック栞子さんを激しく憎む人ありそれほどでもないと擁護する人あり。
サブキャラ同士のよく似たケースでの和解エピソードもある(このエピソードが珠玉でホロリと涙が)わけだし、これは素直にブラックさんとも和解の道を歩むのでしょう。
変化球を投げてこない安心感が、このシリーズの持ち味だと思います。
さて3巻ともなると心地よい箱庭感が強まってきます。
金田一少年でも赤毛のアンでも逆転裁判でも、最初は長期シリーズになると思っていないから、主要な人物を早々に退場させてしまったわけで、それに替わる新たなレギュラーが定着するかどうかが世界に気持ちよくはまれるかの重要なポイントになります。
それに失敗するとしっくりこないシリーズとなるのですが、2巻から登場の兄貴分はもちろんのこと、1巻からのキャラもより掘り下げられていい感じです。
過ちを犯してしまってそのことを悔いている人が多いですね。
そんな人たちが立ち直って自分の経験故に他者に優しくなれる。
はぐれ刑事純情派が好きなわたしにはピッタリな雰囲気になってきました。
ネタ本の扱い方も、よりエピソードに寄り添うようになってきて、それ故に大きくなるネタバレのリスクには慎重になっているようです。
2巻で扱ってる本のネタバレが過ぎる部分があったのは作者も気にしていたのか、核心的な部分のネタバレは避けるようになっていますしね。

メディアワークス文庫公式サイト内特設サイト
http://biblia.jp/