Powered by Six Apart

« 2012年7月 6日 (金) 今日の鯨の囀り | メイン | 2012年7月 7日 (土) 今日の鯨の囀り »

2012年7月 7日 (土)

車道は寝るところではない

愛知県豊橋市の路上で中学校の先生が車に2度、轢かれて亡くなられた事件。
1度目に轢いたドライバーは見つかっていないことから、もしそれが轢き逃げであるなら、2度目に轢いてしまったドライバーは深夜3時に路上に横たわっている人を轢いてしまったわけで、何だか気の毒だという意見が多いようだ。
俺も他人事とは思えなくてゾッとした。
もう15年くらい前の話だけど、国道37号線を伊達から室蘭に向かってクルマで走ってたら、伊達市の緑丘高校前のバス停の前の車線に男子高校生数人が大の字に寝っ転がってて肝を冷やしたことを思い出したからだ(※これも旧テキストサイトに書いた話だから、知ってる人もいると思うけど)。
そいつらは対向車線に寝ていたんだが、俺が横を徐行気味に恐る恐る通り過ぎても、立ち上がりもしなかった。
実にふてぶてしいやつらだった。
まぁ、あそこは一直線で見晴らしのいい道路であり天候もピーカンの日本晴れ、かつほとんどクルマの走っていない時間帯ではあった。
実際、俺もはるか前の地点でそいつらが寝ていることに気づいた。
見張り役に歩道で立っていた高校生もいたから、例え同じ車線であっても、俺が接近する前に歩道に避難していたことだろう。
とは言え、運転手は視線の方向についハンドルを切ってしまうことがあり、それで轢いてしまっていたら俺の人生は終わってたわけで、思い出しただけで腹立たしい。
スタンドバイミーの鉄道のシーンみたいな度胸試しだったのかも知れないが、巻き込まれる方にしてみればたまったものじゃない。
今だったらクルマを止めて怒鳴りつけてやるんだけど。
今回の事故と俺の体験は全く同じではないし、もし俺が轢いてしまっていたらやはり俺に責任があったのだとは思うけれども、クルマが人を轢いたら原則、クルマが悪いというスタンスにはやはり疑問が残る。
今回の運転手の方の罪が少しでも軽くなるといいのだが。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/29334079

車道は寝るところではないを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。