Powered by Six Apart

« 2011年12月31日 (土) 今日の鯨の囀り | メイン | 2012年1月 1日 (日) 今日の鯨の囀り »

2012年1月 1日 (日)

イヤーオブドラゴン

あけましておめでとうございます。
昨年後半は旧ブログを消されたこともあって、かなり無気力モードで、巡回していたブログにも行かなくなってしまって閉じたブログだったと反省しきり。
今年はなるべく早いうちに調子を取り戻したいと思います。
気の向いた時に覗いてくだされば幸いです。
さて、今年は辰年ですね。
イヤーオブドラゴンです。
とは言え、日本の竜(たつ)を西洋のドラゴンと結びつけるのって、本来はかなり強引ですよね。
フェニックスと鳳凰も強引ですが、あれはどっちも神聖なイメージがあるから、それほど抵抗感がない。
比べて、自然災害モチーフの竜と大型爬虫類の記憶が元となっている人類の敵たるドラゴンとでは、あまりに違い過ぎます。
竜に象徴される自然災害と言えば、暴れ川を代表とする水害です。
昨年、もうこれ以上はやめてというくらいの水害を体験したわれわれとしては、竜さん、確かに今年はあなたの年だけど、一年早く暴れまわったんだから、今年は大人しくしていてくださいという気持ちで一杯。
未開社会とは異なり、文明の力で暴れ狂う竜の被害に会うことは少なくなった訳ですが、時として昨年のようなことが起こる。
このような時、人間など大自然の力の前ではちっぽけだとか、人間はおごってはいけないなどと物分りのいい言説が蔓延るもので、昨年は実際にそんな文明否定人間否定の声もあった年でした。
しかし、自然に帰れば弱い者は死ねということになってしまう。
それは人としてどうなのか。
竜を神として崇め、十二支の1つにさえなったのには、古人の治水への思いがあったはずです。
ネガティブな文明否定に陥ることなく、科学の力、文明の力で自然の猛威からなるべく多くの人を救う社会となることこそ、震災の翌年の辰年に願うべきことのように思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/27693497

イヤーオブドラゴンを参照しているブログ:

コメント

こちらこそ、おめでとうございます。
ツィッターはダラダラ囀れるんで、どうしてもブログ巡回や挨拶が疎かになってしまいますね。
わたしも、ほとんど巡回してません。
そろそろまわらないとなぁ。
何はともあれ、今年もよろしく。

あけまして、おめでとうございます。
うー、なんか遅くなってしまった。
ツイッターでやり取りしている人と、BLOGでやりとりしている人だとなんかごっちゃになってしまったりと。。。(;><)

今年も、ツイッターの方が多いと思いますが、よろしくお願いしますね!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。