Powered by Six Apart

« いろは | メイン | ピンプクに手綱を引き締められた話 »

2011年8月20日 (土)

クロームダンベル購入

帰省+帰ってからの疲労回復期ってことでちょうど7日間、WiiFitをやってなかったんだけど、全く体重が増えてなかったんで(減ってもいなかったけど)大満足。
飲みに行ったら何も気にせずに食べまくっていたし、ボードゲームの集いでもスナック菓子に頻繁に手が伸びていたのにね。
もともと、そろそろ気合い入れてダイエット兼筋トレやらなきゃ!って気になったのも、ちょっと食べすぎただけでズンと太って数日間は回復に務めなきゃならないのがストレスだったから。
ダイエット自体の効果はまだまだ気長にやらなきゃダメだと思うけど、御目出度い席で気にせずものを食べられるようになってきただけでも、サボりまくっていた頃よりはずっと進歩だと、そう自分に言い聞かせているのでした。
で、次なるステップアップとしてクロームダンベルを買ってきました。
20年近く愛用してきた5kgの鉄亜鈴×2が物足りなくなってきたんで。
次は何キロにしようか、というか何キロのがあるのかと調べていたら、球技系の部活をやってる中学生が7.5kgのダンベルで自宅トレーニングしてて次はどのステップに進むべきかと思案している記事を発見。
なるほど、俺はインドアだから5kg程度でずっと十分な負荷だったけど、ちゃんとスポーツをやってる人にとっては、発育途上の中学生であっても7.5kgは必要なのかと、あらためて己の不甲斐無さを思い知った。
ということは次は7.5kgくらいのだな、でもこれからのことを考えたら重さを調節できるのがいいな、ということで。
2kgの軸に1.5kgと2.5kgのプレートを用途に応じて必要枚数をはめて最大15kgまで増量できるタイプがあったので、それを買ってきました。
早速、7kgにして、借りてきたハリポタ死の秘宝Part1を流しながらの「ながら踏台昇降」。
特にメニューも考えずいろんなポーズで上げ下げしてたんですが、やはり効きますね。
疲れてくると、頻繁にもう片方の手に持ち替えたくなってきて、今朝、両肩に心地の良い疲労が。
これがたまらないんだよなあ。
しばらく7kgでやってみようと思います。
これが平気になったら俺もやっと中学生レベルになるのかなw

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/542278/26959330

クロームダンベル購入を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。