Powered by Six Apart

2017年6月25日 (日)

魔法の威力も大きさで決まる?

なんだかんだで最後の3冊目・ワールドガイドも読み続けている「トンネルズ&トロールズ完全版」。
これは読み終えるまで止まらんな。
さて、今日は魔法の話。
モンスター種族も人間同様にサイコロを振って決まった能力値を持っているので、知性と器用度が条件を満してさえいれば魔法を使えるのがT&Tのルール。
だからウルク(オーク)やオーガにも魔術師がいる。
このことでかつて自作TRPG制作に当たって大いに悩んだ記憶が鮮明に蘇った。
つまり体の大きい種族はそれだけで強力な呪文を使えるか否か。
え?ナニ言ってるの?使えないに決まってるじゃない。
そう思って当然。わたしも最初はそう思った。
だが比べてみよう。
剣で殴って10ダメージを与えられるヒューマン族に20ダメージを与える攻撃魔法の使い手がいたら重宝されることだろう。
しかし殴っても30ダメージを与えられる巨人族にとって20ダメージ「しか」与えられない同じ魔法の使い手はさほど重宝されまい。
巨人族の魔術師が巨人族の社会においてヒューマン族の魔術師がヒューマン族の社会で得られる地位と尊敬を得ようと思ったら60ダメージの攻撃呪文を身につけなければならないのだ。
これはトロールやオーガやジャイアントに魔術師が少ない理由となるように「見える」。
だがもっと説得力のある理由があるのはご存知のとおり…彼等は馬鹿なのだ!
だって、巨体でありながら人間と同じかそれ以上に頭のいい種族がいたとしたら?
頭のいい人間が魔術師になれるのと同じくらい勉強しても魔術師になるメリットがないとか変でしょう?
これは形を変えた「大きいことはいいことだ」問題であり、体重が8倍あれば8倍の魔力を持っていて1回につき8倍の魔力を消費すれば8倍の威力の魔法を撃てることにすれば何の矛盾もなくなるんだけど、そうするとみんな体の大きいキャラばかりをやりたがってゲームにならなくなってしまうのでした。
一般的なTRPGで体の大きさがHPに与える影響が微弱であるのは、この理由によるところも大だと思う。
制作者側自身でも気づいていないかも知れないが。
T&Tは体の大きい種族を有利にしているからこの問題が浮き彫りになるのだし、そのT&Tでさえ体の大きい種族でも人間と同じ大きさで威力の武器しか(少なくとも基本ルールでは)サポートしていないのは、この問題を上手く有耶無耶にしているからなのでしょう。

グループSNE公式サイトの該当ページ
http://www.groupsne.co.jp/products/bg/tunnels_trolls/tunnels_trolls.html

2017年6月24日 (土) 今日の鯨の囀り

・「イデオロギーのために今治を犠牲にして恥じないクズども」とさんざん図星をつかれてヒステリックになってる連中がトンチンカンな獣医師業界擁護。

・「Gレコの軌道エレベーターはOOのパクリだ」とか「Ζガンダムのバリュートが現実に」とか「スサノオというモビルスーツ名は他のアニメのパクリだ」だとか、なんでちょっと調べる手間を惜しむんだ。

・江川紹子がエビデンスという言葉の意味を全く理解していないことが判明

・食の安全のためにも獣医は必要なのです。

・この3週間、週5、6ペースでジムに通って平均して300gほどやせた。塵も積もれば…と行きたいところ。

・民主党は大増税でアベノミクスに対抗?自滅だなこれは。

・RT ふうむ。「北朝鮮より安倍政権が怖い」ねえw でもそういう馬鹿は昔からいるよ。かなり昔のバラエティ番組で「悪徳政治家はヤクザより怖い」という結論になりそうになって関西人出演者の一人が憮然として「いや。ヤクザはすごく怖いよ!?」と力説していたのを思い出す。まともなのはその人だけ

・ブームの仕掛け人気取りの人って多いですけど、押し付けがましいしほっといてくれって思いますよねw

・映画人は常にアンテナを広げて使えそうなロケーションを集めていて、それがかぶることは十分にありうるハナシってことなんでしょうね

・ダンボール戦記WARSのガウンタは久しぶりに量産機好きの血の燃え滾るデザインだったがキット化されずに残念。

・そう言えばだいぶ前に決まりだねのことをウッドボールだねというのを流行らせようとしてたけど、あれはなんだったの?少しは流行ったの?かなり無理やりだったけど。

・天婦羅を揚げる時の歌は「プーラ!テンプラ!」で決まりだね。

・ゴッドマーズの敵ロボットと言えばガリアアタッカーが好き。輸送艦が変形してロボットに!なんじゃそりゃペイロードどうなっとんじゃw ガンダムに喩えたら補給艦パプアが巨大MSになるみたいだぞ。馬鹿馬鹿しいw と思いながらもなんか好きなんだよな。マルメロ政府直属の私掠船だったりしてw

・ロボットアニメが死んだというのはいつと比べてなのが重要だよな。ガンプラからレイズナーくらいまでの、敵の量産機もたくさんキット化されるアニメが週に何本も放映される好況、を基準にしたら、そりゃあそれ以降は死んでるんだろうけど、ハードル高すぎでしょ。

・イデオンで言うコポラ的ポジションだったのでしょうかね。

・ザンボット3とゴッドマーズは「なぜ1話の敵だけ合体前のロボットでも倒せるほど弱かったのか」の納得いく説明がないんだよね。

・豊田のような獅子身中の虫をバッサリ切れる与党側と貧困調査員をすら血の涙を流しながら擁護する野党側。明らかに前者が健全。

・馬鹿は馬鹿にされていることを断固として認めない。馬鹿にされているのではなく迫害されているのだwww

・軽くあしらわれているのを逃げ回っていると強弁とはw 民主主義に手続きによらずデマで政権を倒そうって時点で良心を売り渡しちゃったからもう恥も外聞もないんだろうな。

・田代まさしが盗撮のイメージを覚醒剤のイメージで上書きしたように、貧困調査のイメージを上書きしてしまいたいんじゃないかな。軽蔑や嘲弄されるくらいなら憎まれた方がいい、というのはまぁ理解できる。男ってそういうものだからね。小馬鹿にされる男より憎まれる男の方がヒエラルキーは上なのよ。

・いえいえ「女って狼だよな…」と思ったのかもしれませんよw

2017年6月24日 (土)

大きいことはいいことだ

ここんとこトンネルズ&トロールズ完全版のことばかり書いている気がする。
テーブルトーク・ロールプレイングゲームに興味のない人には全く意味のないエントリーだ。
しかもまだルールブックを読んでる途中で実際にプレイしたことがないから現役プレイヤーの方々にとっても意味がない。二重苦だ。
いや、分かってはいるのだが、TRPGのルールブックを読んでると色々と語りたくなってくるのですよ。TRPGは確実にわたしの血肉の一部を形作ってる趣味だったわけですから。
さて基本ルールに続いて上級ルールブックも読み終わった。
プレイヤーキャラとして選べる種族がたくさん載っていた。
人間、エルフ、ドワーフなど一般的な種族を載せた基本ルールに対し、ウルク(オーク)やリザードマンなど二足歩行モンスターが多い。
で、基本ルールでは人間と他の種族の能力バランスが(必ずしも取れてるとは言えないが)そんなにかけ離れてもいなかったが、上級ルールだとオーガとかトロールとかに生まれたってだけで強すぎる。
オーガの体力は人間の3倍で耐久力は4倍だ。
その分、知力方面の能力は低いが、長所のメリットを相殺できるほどのデメリットではない。
(※これはある意味で仕方がない。ある能力が2倍ということはプラス100%で、別の能力をマイナス100%以下にはできない以上、長所ばかりが目立つこととなるわけだ)
だがまぁT&Tはもともとこういうゲームだ。
多くのRPGにおいて人間(広義の人間。エルフやドワーフを含む)は村の力持ち程度から神に匹敵する英雄まで力の幅は広い。
しかしそれ以外のヒューマノイドやモンスターや動物の強さの幅は極めて狭い。
仮に人間の力の幅を1〜100、1が村人で100が神クラスとすると、熊は10〜15、ティラノサウルスは20〜25、悪魔は40〜45、ドラゴンは70〜75とかそんな感じ。
現実を超越できるのは人間だけなのだ。
それに対しT&Tの異種族ルールでは幅も人間同様に広い帯域が確保されているから、人間より強い種族は最低値も最大値も平均値も人間以上で、これでは人間は圧倒されっぱなしだ。
とは言えこれは欠点というより論理的帰結だ。
ゲームバランスという圧力がなかったら、なんだかんだで体が大きいものを強くレーティングせざるを得ない。デメリットを考慮したトータルでさえ。
あくまでバランスを重視するなら「角を矯め」るしかなく、それが牛ならぬダイナミズムを殺すことを受け入れるしかないわけだ。
T&Tは一般的なシステムではやっていないことを敢てやっていて、そこが面白い。
冒頭で語りたくなってくると言ったが、それはこの差異がRPG全体の色々な問題を浮き彫りにするからなのかも知れない。

グループSNE公式サイトの該当ページ
http://www.groupsne.co.jp/products/bg/tunnels_trolls/tunnels_trolls.html

後は3冊目・ワールドガイドだけだがどうするかな。
世界についてはセッションでゲームマスターの口から初めて聞くのが一番いいわけだけど…。

2017年6月23日 (金) 今日の鯨の囀り

・都ファはなんかやらかすたびにファはファシズムのファだったのか、と揶揄されるの確定だし、今の小池都知事のやり方は続けられないんじゃないの?

・インチキ医療本で他人に標準医療を否定させ死に至らしめた人間の屑がMONSTERの「夫を失ってテンマに猛然と食ってかかる主婦」の場面のように遺族に罵られ掴みかかられればいいのにと本当に思う。屑の心には深い傷がよく似合う。まぁ屑にそんな良心はないかw儲かればいいんだもんな。

・RT どういう解釈してるんだろ、というのは最初からそう。「少しでも関係があったら辞職する」というのはまともな人なら清廉潔白の自信の現れと解釈するが、まともでない連中は「我々に対する挑発だ!よーし手段を選ばないぞ!挑発した安倍が悪いんだからな!」と受け取ってるんだろう。ビョーキだ。

・近くに昼食を摂るところもなかったのでゴルフ場のレストランを利用した。平日昼間でも練習してる人がそれなりにいるのだね。

・自分達は獅子身中の虫をプチッと潰さない卑劣漢どもなので与党支持者が眩しく自分達が小さく見えているのでしょう。

・やはり秘書に向かって「お前の娘に危害を加える」と言ったのが本当だとしたら相当にまずい。誰が言ってもまずい。もしも大雨の中で寒さに震える子犬を助けたことがある人が言ったとしても、それを言った瞬間に外道確定だ。

2017年6月23日 (金)

根っからの悪人ではない、の難しさ

未来少年コナンを借りて観始めました。
つい最近タイガーマスクを観直して殆ど内容を忘れてて新発見があったり感動を新たにしたりしたもんですから、なんか昔のアニメが観たくてムラムラと。
この傾向は続くんじゃないかな。
さてコナンと言えばモンスリーです。
厳しいお姉さんだったモンスリーが味方になってガンツ船長の奥さんになったら別人のように優しく柔らかい表情になったことに、少年の頃のわたしはすごくドキッとしたのでした。
モンスターみたいで変な名前!クスクスwとか笑っててごめんなさいしたのでした。
第一話はそんなモンスリーの初登場。
ラナを探してファルコがのこされ島に飛んできた時には「やったー!」という感じです。
とは言え喜んでばかりもいられません。
モンスリーが来たということはおじいが死んでしまうのですから。
ドキドキしながらファーストコンタクトを見守ります。
悪役の頃とは言え、あまりひどいことをして自分の中のモンスリー像が崩れやしないか、と。
そしたら確かに高圧的な態度ではありますが、彼等の事情や背景が伺える描写で決して冷酷非道なモンスターではないことが分かる。
思うに最初から後で仲間になることを想定しての描写なんでしょう。
続くおじいの死だってモンスリーが全く関係ないとは言わないが、不幸な事故の範疇と言えるでしょうし。
(これがクシャナ殿下になると明確に彼女に責任があります。まさに血塗られた道であることの描写)
こういうのって意外と難しいんですよね。
他のアニメでもあからさまに後で味方になりそうな人が誘拐や人質作戦に抗議したりする描写がありますが、作為を感じて醒めることも多い。
それに初登場時の悪事くらいコロッと忘れる観劇の作法を我々は身につけている。
テリーマンや海原雄山やトキやラオウも最初はひどいやつだった。
初登場時の悪事は読者に憎い敵と思わせるための方便であり、後で人気が出て実はいい人だったことが分かれば作者と読者の阿吽の呼吸でなかったことにするのが、歌舞伎の黒子、ドラマの赤ちゃんのフサフサ髪同様の作法だ、というのは以前から何度か述べています。
だからモンスリーがもっと分かりやすい悪事を働いても「いつものこと」として受け入れた筈ではあります。
しかし、そういう王道を敢えて採らずに一歩でも間違えればわざとらしく取られる危険もある「根っからの悪人ではない」描写に賭けた。
モンスリーは制作側に愛されたキャラだったのでしょうね。