Powered by Six Apart

2016年8月27日 (土)

「自殺島」最終回

ヤングアニマル誌の長期連載「自殺島」が終わった。
足かけ8年。
島に連れられてきた当初は生きる目的を見失い次々と仲間が死んでいく中で暗い未来に怯えるだけだった彼等も、見違えるように逞しくなった。
連続自殺未遂者が棄民として捨てられ出ることをゆるされない孤島「自殺島」。
そこで繰り広げられるサバイバルがこの漫画の骨子だ。
舞台設定はバトルロワイアルなどの殺し合いものに似ている。
実際、農耕や牧畜で生きるセイ達と享楽に耽るサワダ一派は敵対し、終盤では集落毎の全面戦争に発展する。
だが戦争はあくまで生きるための手段であって目的ではない。
特筆すべきは戦う勇気を存分に描いた上でそれを上回る勇気として戦いをやめる勇気を描いたことだ。
戦いをやめるということは相手を信じるということだ。
愛する者や守りたい者が危険に晒されかねない状態で相手を信じることは難しい。
そこで葛藤がないのはただの無責任であり、決めた後でも本当にこれでよかったのかと思い悩むものだ。
しかし、それでも決断しなければ先に進まない。
そうした決断を繰り返すことと、セイを始めとする未遂者達が生きる力を取り戻していく過程が軌を一にしていることこそ、この漫画のテーマなのだろう。
思えば、恐怖で他人を支配するサワダも悪意ある言葉で人を殺すカイも実は弱さを持つ存在として描かれているが、2人に共通するのは「信念」を「勢い」を持って貫くことで決断から逃げていた点だ。
生命に感謝すること、自然の営みを感じること、様々な生きるこということの意味が語られてきた本作は、悩む者たちが悩まない者たちに打ち克つ話だった。
日頃、色々と思い悩むわれわれの生き方も決して無駄じゃない、とこの漫画は言ってくれているようだ。

ヤングアニマル公式サイトの該当ページ
http://www.younganimal.com/jisatsutou/

2016年8月26日 (金) 今日の鯨の囀り

・RT そうは仰いますが、2chの隔離板の住人だってどこもかしこも這い出て来たわけだし。お前らは隔離されるような人種なんだよ、受け入れられてると思い上がるな、って何度も言ってやったけど勘違いは収まらなかったぜw

・NSXの価格について、どうせ買うのは金持ちだから多少の価格は誤差の範囲という意見もあるようだけど、生活を切り詰めて高いクルマを買う人だっているだろうから、関係ないわけじゃないんだよね。

・きらぼし銀行の前で「何が綺羅星だ!馬鹿馬鹿しい!」と叫ぶ動画が流行ったりするのかなぁ。それって営業妨害だからやめようね。

・土屋太凰の演じる小川蘇美は、原作と全く容姿が違うにもかかわらず、これは紛れもない「カミサマ」小川だと納得する好演であった。

・綺羅星を漢字で書くのは恥ずかしかったんだろうなぁ、きらぼし銀行。

・ゴルスタが首尾よく滅んだら、参加者の自称イケテル中高生達が一転して小馬鹿にされ笑われる側になるんだろうなぁ…。

・RT いや、マッタク。例えば性犯罪加害者の娘が報復として被害者になったらその罪は何処まで及ぶのか。

・新聞はゴルスタのことを「利用者に私的制裁」くらい書いてやりゃあいいんだ。タイトルでデカデカと。中吊り広告でも目立つように。事実でしょ。

・ゴルスタ信者のツイートは既にゴルスタにとって、ワタミバイトの感想文と同じアキレス腱となっていたのだった。

・おお!ギアコンバーターが出るのか! 取り敢えず、倒せないボスがいて積んでたシルヴァンテイルに挑戦できるな。

・今さら気付いたけど、オーディオコメンタリーって弁士の伝統の復活的な部分もあるんだな。

・シンゴジラ日本語字幕版か。観たいな。弁士付きバージョンとかもあると面白いけど無理か。

・宇宙刑事ギャバンの挿入歌でビッグな顎がセクスィーとか言ってたが、一乗寺烈の魅力はセクシーというのとはだいぶ違うと思うぞ。

・ギャバンの映画は観てないんだけど、テレビ放映当時はバンクにせざるを得なかったドルギランやギャバンダイナミックを毎回、違った映像にするだけでも、そうだよこれが観たかったんだよ、と感動する人は多そうなんで、今度のコラボ映画は楽しみ。

・俺はね。他者を威嚇、恫喝、叱責することで萎縮させ判断力を奪い己の思うように従属させたいなどと考える人種が腹の底から大嫌いなんだよ。ゴルスタ運営連中のような。彼等は個人の自由意志を尊重しあうことで成り立っている現代社会に対する不遜な挑戦者でありああいう輩の跳梁を許してはならんのだよ

・肌寒い!これが稚内だよな。まだ8月なのに。

・ゴルスタにはまってる中高生のリストは壺や印鑑を買いやすいカモリストとして広まっていくのかと思うとウンザリだ。

・TMNT公開日か。激亀忍者伝って和訳は定着しなかったよなあ。日本人からするとなんで亀で忍者なんだよという感覚が強いからミュータントタートルズのようにニンジャを含めない表記になっちゃうのと関係してるんだろうな。

・ゴルフしまスタの略だろ

・きみのなは…君の縄?

・RT 安彦良和「虹色のトロツキー」でヒロインの麗花が中共に洗脳されて大声で「わたしは党を疑ってしまいました!」みたいな自己批判を繰り返す薄ら寒い場面を思い出したぜ。カルトすげー気持ち悪いわ。

・やっぱり俺は本来なら左寄りなんだと思うよ。だって人間はみな自由意志を尊重されるべきであり他人を支配し屈服させようと考える人間はクズであるという発想が根本にあるもの。アタマ押さえつけられるの大っ嫌いだからね。

・自動翻訳機は外国語より受話器の向こうの相手の脅迫や怒号を優しいお姉さんの声に翻訳する方が需要が大きいでしょうね。このネタで何度か小説を書きましたけど。

・藤崎版銀英伝で次にアップグレードされるのはパエッタかな。後にヤン艦隊に招聘されるだけの能力はないとおかしいんで。

・2chより発言小町でいろいろなタイプの奥様のふりをする方が楽しかったかな。

2016年8月26日 (金)

謝罪の均衡点

ツイッターで呟いちゃったけど、140文字じゃ物足りないんで、ここで。
高畑淳子さんの謝罪会見。
彼女の誠実な態度は多くの好感を呼び、同時にもう成人である子供のことでなんで親が謝らねばならないのか、という声もチラホラ。
俺も全くそのとおりだと思った。
思ったんだが、同時に、では謝らなかったらどうなったかを考えると謝る以外の選択肢がないのも事実と感じた。
謝ったからこそ謝らなくてもいいよと言って貰えたのであって、謝らなくてもいいよと言っている人も仮に彼女が謝らなかった場合にそれで正解だよと言うかというと言わないのではないかと思ったのだ。
つまり、こういう言い方もなんだが、謝ることには十分なメリットがあったわけだ。
これが謝罪の難しいところで、相手を怒らせた場合は相手の建前を満足させてあげる必要があってそこが均衡点。それ以上でも以下でもダメなわけだ。
…こういう面倒くささをみんな分かってるから、どうせ謝ってもゆるさないことが分りきってる相手には最初から謝らないという人も出てくるし、それが悪いとも言いきれない。
自分が計算づくであることに無自覚な状態の誠心誠意こそが最強だけど、狙ってできるものではないよなぁ…。

2016年8月25日 (木) 今日の鯨の囀り

・RT マッタクだ!左手首の回転するグフなんてグフじゃねぇんだよ!設定画をちゃんと見たのか?劇中でどうなってる?敢えて回転させないのが「アニメ風」だろうがwって思う。

・ここの運営は批判しないどころか徹底的に叩くべきだし、運営側メンバーの全員を他人を支配従属させることに喜びを覚える危険人物として注意を呼びかけ..「中高生専用SNS「ゴルスタ」運営批判は威力業務妨害でBAN、復帰には協力姿勢..」 https://t.co/5lYstJBWuT

・俺が中高生だったら思い切り馬鹿にした運営批判をした挙句、慇懃無礼の限りを尽くした反省文を送りつけて復帰できるかどうかを実況することだろう。

・セルと言えば「再生能力を手に入れると同時に回避と防御が大幅に低下」しているようにしか見えなかったのがなぁ…。あれ以降はあまり強く思えなかったです。

・大鉄人17の「ワンエイト。オマエノヨウナオトウトハイラナイ」「僕だって兄さんなんて要らないや」の会話から後継機のワンエイトの方が明らかに会話機能が進化しているのがわかるの好き。

・ひょっとしてボークスの1/24ファッティーにバララント兵ってついてこないの?

・まぁ、批判する人の趣味をつかんで「TVで◯◯中継を観ながら運転しても事故るよ」「アイライン描いてルージュ引きながら運転しても事故るよ」「麻雀牌や碁石を並べながら運転しても事故るよ」で反論終了ですから。警戒して趣味を明かそうとしない相手にはなぜ言いたくないのか詰問すればOK。楽勝w

・勝部大先生はまた分かってないことを。TVも新聞も被害者視点なんて要らんの。被害者はどういう人だったか興味を持つこと自体がセカンドレイプに繋がりかねないの。加害者叩きに特化することで被害者への興味の芽を摘み、被害者への好奇心を風化させることができるの。そんなこともわかんないの?

・ちょっと俺、勝部大先生に親近感、湧いちゃったな。クラスのモテる男が女の子にエッチな冗談を言ってウケている。でも自分が同じことを言ったらきっと嫌がられる。どうしても女の子に下ネタを言って嫌がられない男になりたい。だから奇を衒う。そういう空気を勝部大先生のMixi日記から感じるのよ。

・RT ←のツイートが「スポーツ選手を批判しているツイート」に見える読解力のない馬鹿がいることに失笑w

・今週の藤崎版銀英伝。ごめんよホーランド。アムリッツァのフォークを引き立たせるために予めフォークっぽいことをする役目だと侮っていたよ。すごく格好いい最期だな。感動。…ところでラインハルトの乗艦は超高速でバックできるのか? そこだけがよーわからん。

・T&Tはやっぱり買っておきたい気がする。

・今週の「境界のRINNE」。海の家とメイドカフェを組み合わせるとはw なんかエンジンかかってきたんじゃじゃないか、けも先生。りんねのすっとぼけた様子と十文字のツッコミもいいパターンになってきた。

・今週の「トキワ来たれり」。ARMSの高槻父母を彷彿とさせるワイルドなトキワ父母。息子の住居を敵に悟らせないようにするとか頭もいい。師匠キャラには最適だな。

・今週の「MAJOR2」。眉村弟がチームメートをビビらせてるからこういうピンチを呼ぶw しかし、スナイパーのような鋭い眼光で光のピッチングの攻略法を掴むという長所も。長所と短所がハッキリしてて父親よりも面白いキャラかも。

・今週の「はじめの一歩」。鴨川を実の父のように慕ってるのはあくまで鷹村の感情であって、一歩が自分のようには鴨川のことを考えていないから腹立たしいってのは、一歩にとっては理不尽以外の何者でもないという。ただそういう鷹村の「わがまま」なところは「かわいい」わけで。爽やかドロドロに通ずw

・余計なことしやがって事案って、サマーウォーズの翔太みたいなやつか?

・ゲームフリークがモノリスと組んで劇場版ポケモンアニメレベルのCG世界を自由に歩き回るCRPG寄りのポケモンをNXで出してくれたらなぁ…。

・麻疹キャリングしてコンサート行った奴について、「十分に休みをとれない日本社会のせいだ」とか擁護する奴が出てきたらどうしてくれようか。

・…第4のラーメンはカレーラーメンよりとんこつの方が相応しいのでは?

・アイマスの海外展開は韓国が先か。AKBみたいにジャカルタが来るかと思ってたんだが。

・ガンダムはSFそのものだと思うけど、SFじゃない論が何を言いたいかも分かる。例えばキャプテンフューチャーが毎回のようにコメット号に準ずる性能の敵宇宙船との激しいバトルで終わってたら、これなんか違わなくないか?と思うだろうなぁ…

・高畑淳子のような忙しい金持ちが我が子の教育を任せる乳母のような教育係を雇うことはできないものなんだろうか。サリバン先生のような。我が子を生活力のないドラ息子にしたくない富豪は多いと思うんだが。

・今朝、観た夢では狸小路の幅が1.5倍くらいあって路面電車がアーケードと交差して屋根の下を横切ってた。すごい風情のある光景だったのにトイレに行きたくなって目が覚めたんだよな。続きが見たくて布団に戻ってすぐに無心入眠を心がけたのに観られなかったよ…。

・アスベストの危険度がレベル1が最も危険って、どうもピンと来ないんだよな。だって一般的なSF映画だったらレベルの数字が大きい方が危険でしょ。コンピュータウィルスが人類を滅ぼそうとするような奴。なんで逆にしたんだろ?今さら変えられないからなぁ…。

・失礼ですが、という枕詞をつけても失礼じゃなくなるわけじゃない

・無礼を承知の上で言いますが、という枕詞をつけても無礼じゃなくなるわけじゃないし、相手が怒らなくなるわけでもない。

・ガールズイントラブルのポスターが子供向けから外れてる感じで、何か新境地を期待させるぞ。本編は子供向けでその数年後のスピンオフは大人向けでという住み分けもできたら面白そう

・ROBOT魂のドラムロも開封。
あの3本爪で剣を握るのは無理だということがよく分かった。
ウグやバザムなら指だから銃でもなんでも握れそうなんだけどね。

2016年8月25日 (木)

血液型信仰に対する理論武装その◯△

ヘルメットに作業員の名前と血液型が書かれてた。
なるほど、いつ怪我をしてもいいようにか、確かに危険な現場だもんな、と思った。
1秒だけ。
いやいやいや!
そんなわけあるか。
こんなの殆ど意味がない。
ヘルメットなんて他の人のをかぶることがないとは言えない。
殆どないだろうが、全くないとは言えない。
もしヘルメットに書いてある血液型と実際の血液型が違っていて、間違った型の血液を輸血して死に至らしめたとしよう。
で、その看護婦さんが「ヘルメットに血液型が書いてあったのでそれを信じて輸血前の検査はしませんでした。患者さんは死にましたが、わたしは悪くありません!」と主張したら彼女は罪を免れるだろうか?
ベータマックスはなくなるの?
セガは倒れたままなのか?
答えはもちろんノー!
そう、ヘルメットに血液型が書いてあろうが、それを信用して検査をしないなんてあり得ないんだから、あの記述には全く意味がないのだ。
昔から当ブログに来ている人は知ってのとおり、俺は血液型と性格には少しも全くなんの関係もないと思っている。
自分の血液型を知っている必要すらないと思っている。
それに対する信仰者の反論は「輸血の時に困るじゃないか」だが、こういう理由で少しも困らないのだった。