Powered by Six Apart

2018年9月19日 (水)

札幌大通・kanakoのスープカレー屋さん「たっぷりきのこのクリームスープカレー」

Img_2240


以前に1回だけ入ってご無沙汰してましたが、この野菜うまかったなぁ、と言う記憶があって、ふらっと入ってみました。
そして9月30日までの期間限定メニューを注文。
期待を裏切らない味でした。
私、きのこの入っているスープカレーは割と警戒するんです。
きのこからしみ出したエキスがスープの味を損ねることがありますからね。
だから本来ならきのこたっぷりなんて頼むわけがない。
それでも頼んだと言う信頼。
パリポリと噛み砕くようなからっとした味わいのまいたけを初めとして、スープカレーに入れるべきキノコの手本とも言うべきセレクション。
スープの味は吸い込んでもスープに味は染み出ない。
実に堪能させていただきました。

2018年9月18日 (火)

「ファンデルヴァーの失われた鉱山」マスタリングしました。第1回

Img_2246


以前にプレイヤーとして遊んで大変に面白かった「ファンデルヴァー」。
今度は自分でダンジョンマスターとしてやってみたい。
ずっとそう思ってきましたがやっと実現にこぎつけました。
とりあえず全4回の予定で9月16日に札幌のプレイスペース「こにょっと」さんで第一回を。
色々と苦労もありましたが何とか無事に終わらせて、第2回以降につなげることができました。
第一話で終わる想定でしたから、第一話で起こるだろう戦闘についてあらかじめ方眼紙に全て書き起こしておいて、それぞれの敵のHPについても別の方眼紙ノートにリストアップしておいて、これはうまく機能したと思います。
それが写真の中盤の戦闘ですがシステマティックにサクサクと処理できました。
これは次回以降もやりたいですね。
ただ、きっちりブロック単位になった建造物ならまだいいんでしょうが、今回のような自然の洞窟だと手間も頭も使って割とタイヘン。
私がプレイヤーをやったときのDMさんはシナリオのマップを一部屋ごとに拡大コピーしたものをそのまま戦闘マップにしていて、それを見ていやはや大変な作業だなと思っていましたが、自分で手で書く方がはるかに大変だということがわかったのでw私もコピーにしようかな。
ただ、それでも準備は万全ではありませんでした。
プレイヤーたちがこれは必要ないと判断した第一話のラスボス戦闘を回避したこともあって2話に突入したんですが、2話の読み込みは十分じゃなかったんですね。
一応、ファンダリンの町のすべてのNPCの役作りは軽くしておいたんで、キャラが大きくぶれる事はなかったんですが。
このキャンペーンは自由度が高めなんで、もっと広く浅く読んでおいて、いろんな状況に対応できるようにしておくべきだと痛感しました。
さて、次回まで1週間もありませんw
がんばって間に合わせるぞ。

2018年9月14日 (金)

稚内・CAFE ZAZIEのスープカレー

Img_2176


住宅街の片隅にあるスープカレーを食べられる穴場。
シンプルなあっさりスープ。
しかし、人参やズッキーニを噛む度にスパイシーなスープが喉を心地よく灼く。
大きめのチキンとペラいベーコンのハーモニーもいいですね。
これでサフランライスだったらもっといいんだけどね。
駐車場はないんで歩いていきましょう。

2018年9月11日 (火)

D &D 5eグリット戦闘用「猛獣軍団」

見てください。
前後を猛獣に挟まれ絶体絶命の冒険者たち!

Img_2111


使ったのはドイツの動物玩具「シュライヒ」。
その台座として24ミリ× 48ミリの透明プラ板を貼っただけのシンプルなものです。
こんなふうにね。

Img_2112


D &D ボードゲームの付属フィギュアが24ミリ四方、手に入りやすい12ミリ方眼ノートの2ます× 2ますに収まるものですから、私は24ミリをD &D グリッド戦闘の1マスにしています。
この猛獣達は2マスキャラというわけですね。
他の都市の状況は知りませんがシュライヒは札幌のヨドバシカメラに大きなコーナーがありますね。
これ、TR PGのユニットに使えないかと前から考えていた。
とは言え全体的に大きすぎる。
ガチャポンフィギュアを始めTRPGに「使えそう」なものがあふれている現代日本ではありますが、「実際に使える」サイズのものは意外に少ない。
ですから普段から財布やカードケースに入る小さめのスケールを持ち歩くか、私がやっているのは自分の人差し指や親指の爪先から第一関節の長さを覚えておいて、使えそうなものが見つかったらすかさず測るようにする。
このシュライヒの場合も、ラインナップのほとんどはもっと大きいのですが、ここにあるのは皆、動物の子供たち。
子供たちを成獣フィギュアとして見れば、十分にセッションに使えると言うわけです。
これで冒険者たちを襲う猛獣!のシチュエーションには困らないかな。

2018年9月10日 (月)

エドワード・ランディ(AC)

Img_2078


レトロビットジェネレーション4でプレイ。
ストライダー飛竜からエドワード・ランディを経てガンスターヒーローズに。
エドワード・ランディは名前しか知らなかった自分はストライダー飛竜とガンスターヒーローズの関連性などこれまで気付かなかったが、このゲームをプレイしているとこれがミッシングリンクであることに気づかざるを得ない。
データイースト版ストライダー飛竜。
もちろん、写真に写っている敵がでかい銃を撃つシーンが飛竜のライバルのソロのそれに似ているってのもあるが、そーゆーディテールだけでなく、大きめのキャラが地形を生かした大立ち回りを演じるダイナミックなかっこよさ。
愛用の鞭「クリフハンガー」でナイフや銃弾を弾き飛ばしターザンのように宙を渡る気宇壮大で豪快なヒーロー。
インディージョーンズのような背景世界と相まって、まさに快男児の活躍がゲーム上に展開されているのだ。
惜しむらくはレトロビットジェネレーション4のコントローラが悪いのか、→→ダッシュやジャンプ中↓踏みつけ攻撃がなかなか出ない。
おおざっぱなプレイをだんだんと緻密に自分なりに練り上げていくのがこの手のゲームの楽しさだけに、ちゃんとしたジョイスティックが欲しいところだよなぁ。