Powered by Six Apart

2016年6月25日 (土)

レンタルバージョンはたくさんの話数を収録してほしい

こないだ「リーンの翼」を借りてきて観たんですよ。
10年以上前に観た時は2話か3話で挫折したんで。
やっぱり序盤で挫折する人が多いみたいですね。
あれよあれよという間に次々と世界観が提示されるのは富野アニメの真骨頂ですから、それは仕方のないことですし、時にはかみ合わないこともあるのかな、と言ったところでしょうか。
で、思ったんですが、これもともとOVAだったこともあって、1巻につき1話しか入ってないんですよね。
だから、全6話だと6本分の陳列スペースを取ってしまう。
3話ずつにして2本でまとめられないものなんですかね。
稚内に引っ越してきて、レンタルDVD店が2店しかなくて、しかもうち1店は旧作の在庫だけでやってるようなものだから、実質は1店。
店のことを客が心配するのは余計なお世話もいいところなんですが、限られたロボットもののスペースが余計に食われていて、その結果として品揃えが悪かったりしていると、身勝手な軽いイライラが来るわけですw
まぁ、もちろんリーンの翼は大昔のコンテンツですから今さらそんな手間はかけられないとして、今のことこれからのこと。
現在のレンタルDVDは、VHS時代のようにセルバージョンを各店舗が買ってきてそのまま陳列するんじゃなくて、コンテンツ提供側がレンタルしていいと認めたものを各店舗に渡しているんですから、セルバージョンと同じである必要は全くないんですよね。
だからセルバージョンでは2話ずつ収録のところ、レンタルバージョンでは5話ずつとかも可能な筈。
その方が、スペースも取らないからたくさんの作品が揃えられて店も客もWINWINだし、ついでに何巻まで借りたか分からなくなりにくいし、とてもいいと思うんですが。

2016年6月24日 (金) 今日の鯨の囀り

・今週の「自殺島」。カーズ様のようにゲスいカイw ジョセフは怒り狂ったけど、セイは必死に怒りをこらえる。いかなる時でもクールでなければ生き残れない。

・今週の「ベルセルク」。前回を再収録した上で今回とか、ベルセルク優遇も極まった感がある。

・国民投票ってプロが仕事を放棄したってことだからね。裁判員勢度と同じだ。

・アダムスキー型UFOの悪口を書いたら速攻でフォロワーが2人、減ったw

・空飛ぶ円盤を信じない理由は色々あるけど、最も大きいのは、アダムスキーの野郎が小説として発表したが売れなかったので実話として発表し直したのがバレたくせに、屁理屈を捏ねて敗北を認めないのが気に入らないから。立証された事実に耳を塞ぐ奴って大嫌いなんだよね。

・そう言えば最終3話をまだ観てなかったなと思ったが、タイトルが「僕だけがいない街」と「君だけがいない街」のどっちだったかどうしても思い出せず、か行とは行と両方の棚を探したものの見当たらず、もしやと新作コーナーに行ったらあったが、まだ該当部分はレンタルになってなかったこの疲労感w

・今週の「刃牙道」。なに、このマッタリw 幕間があってもいいし、むしろ好きだけど、こういう緊張感を削ぎすぎるのはなぁw

・それまで知らなかった分野ですごく面白いのを見つけて思わず作者を絶賛したら、その作者はその世界の第一人者で、ファンから「そういう言い方は失礼」と言われたことあり。死ぬほどウザくて面倒くさかったんで、その分野全体に興味がなくなった。こうやってマイナーな趣味って先細るんだよな。

・田舎でも国道沿いで街灯がつき空には満月だと1等星くらいしか見えないもんなあ。この数日の晴れた夜空が半月後も続いているだろうか。

2016年6月24日 (金)

プロデューサー氏は逆転裁判におけるシリアスな笑い

今週はなかなか逆転裁判6(3DS)が進みませんでした。
変だな。
そんなに忙しくなかったんだけど。
でも、まとまった時間は取れなかったから、それが原因か。
やっぱり頭を使うゲームなんで、10分とか20分刻みじゃやりたくないですしね。
今はまだ2話の途中の推理パート、真犯人まちがいなしと思われるプロデューサーのあからさまな悪意に、腹を立てるより前に苦笑が漏れているのでした。
だって彼の台詞でマグロ漁船とか、今時、たいして儲からないのは分かってる筈なのに敢えて言及してるのは、バブル期の局プロデューサーを意識してるからですよね。
なんでも直ぐにSNSにアップするのは今風ですが、時代感覚はわざと間違えることでズレた感じを演出しているのでしょう。
こう思わせてくれるのは、彼のビジュアルによるところが大きい。
浮いてるんですよ、他のキャラ達と彼等が醸し出す世界観から。
彼だけ神宮寺シリーズの登場人物みたいに変にリアルで等身も表情の作り方も違う。
逆転裁判においてシリアスな笑いが見られるとは、という感じ。
わたくし、世界観は統一されているのが好みなんですよ。
浮いてるキャラがいるとけっこう冷めてしまう。
それが彼については浮いていることに説得力を感じてそれがキャラ立ちになっているんですから面白い。
作品やキャラの好みってのも、確固たるようでいて、案外といいかげんなものなんでしょうね。
わたしだけかもしれませんが。

2016年6月23日 (木) 今日の鯨の囀り

・旧住所で選挙人名簿に登録されてるんで、不在者投票請求書を送らなあかん。で、送った。投票は当日に空気を味わいながらやりたいんだが、仕方ないね。

・のび太が性の知識を得て、かつてしずちゃんに「二人で一緒に赤ちゃんを作ろう」と言ったことを思い出して青ざめるのは小6くらいかなぁ。

・選挙の18(ジュワッチ)っていうウルトラマンのポスター、ヘナヘナ…って感じだけど、耳目を集めるためには何でもやってみないとってことなんだろうな。

・RT「政治に興味がない人に我らの主張を無理やりにでも聞かせてこそ彼ら大衆を目覚めさせることができるのだ!」みたいなこと考えてる奴等はむちゃくちゃ気持ち悪いんだよね。

・たこ焼き焼き器という言葉はイライラするし、かと言ってたこ焼きプレートと言ったら言葉の問題からの逃避に思えるし、でももちろんたこ焼き器ではおかしいしで、いつも思考の堂々巡りに陥ってしまうのだった。

・国防と外交は自民党と同じだが、経済政策と分配で大きく違う二つの政党が競い合う。これが俺の望む選挙なんだが、今の野党は最低限のことすらクリアしやがらないときた。

・まぁ、対案がない時点で、わたしたちは責任ある立場に立つつもりがありませんと大声でシャウトしてるのと同じだからなぁ。

・何を実現したいかがないのに選挙をやる。野党は政治をナメてやがるぜ。

・小学校の運動会で、赤組がんばれはいいが白組まけろはダメだと教わった。野党共闘の連中はその程度のことも分からんのだなぁw

・祝姫の主題歌のちとせつづりっていいな。誰かバンブラPにアップしてくれあいかな。

・オンラインゲームに月10万近く課金するのに比べたら、たまに欲しいソフトが重なったら1万円を超すことも少なくない、なんてかわいいもんだよな。

・「デストロイレボリューション」の10月からの10週連続最終話って、軍鶏と同じパターンなんで嫌な予感がするなあ。

・今週の藤崎版銀英伝。悪女をキャピキャピにするのは「ライ」で政宗の弟の嫁のイメージが強いなあ。今作の皇帝はかなり不健康、不摂生っぽいし、ああいう小娘相手というのは納得がいくな

・今週末は稚内でも利息でござるとアイアムアヒーローが公開されるんだよな。アメコミでもディズニーでもファミリーアニメでもドラマの続きでもない映画ってだけで久しぶりな気がする。

2016年6月23日 (木)

なぜ嘘を?

ある映画のDVDの感想サイト。
発売日にさっそく買いました、とあって画像と感想が書いてある。
でも、気付いた。
…これ、公式サイトのトレーラーで公開されてた場面のキャプチャーばっかりだよな。
ひょっとして、この人、買ってないんじゃないの?
いや、俺はそんなに細かいことは言いたくない。
別にDVDを買ってなくたって、映画の感想は述べていいんだ。
借りてきたDVDだって、テレビのロードショーでやってたって、感想くらい自由に述べていい。
て言うか、俺もしょっちゅう借りてきた映画の感想を述べてる。
なんの問題もない行為だ。
なのに、なんで買ってきたなんて嘘をつくんだろう?
まぁ、思い過ごしかも知れない。
DVDはちゃんと買ったけどキャプチャーの方法が分からないから、トレーラーから持ってきたのかも知れない。
その場合は、まぁ嘘ではないんだろう。
でも、嘘だとしたら?
その動機は?
そう、動機が分からないのが嫌なんだよな。
なんか座りが悪くて、しっくり来ないのでした。